1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ワンパンマン』実写化も!「新作映画」情報まとめ

注目の「新作映画」情報5作品のまとめ。『ワンパンマン』、『クシナ』、『人体のサバイバル!』、『TOKYO TELEWORK FILM』、『僕が君の耳になる』。

更新日: 2020年05月28日

4 お気に入り 9008 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『クシナ』(7月24日公開)

大阪アジアン映画祭受賞、男子禁制の村を舞台に母娘の愛描く「クシナ」公開(動画あり / コメントあり / 写真10枚) natalie.mu/eiga/news/3769… pic.twitter.com/tmOlfj3SAA

速水萌巴の長編監督デビュー作となる本作は、山奥に人知れず存在する男子禁制の村を舞台に母娘の愛を描く物語。

村では村長である鬼熊(オニクマ)のみが山を下り、必要な物を買って来ることで、娘の鹿宮(カグウ)や鹿宮の娘・奇稲(クシナ)らを守っていた。しかし、その閉鎖的なコミュニティを人類学者の風野蒼子と後輩の原田恵太が探し当てる。

クシナを演じたのは、撮影数日前に1枚の写真が奇跡的に速水監督の目に留まり、映画デビューを飾った郁美カデール。廣田朋菜が14歳の若さでクシナを生んだカグウ、小野みゆきがオニクマを体現。

ー大阪アジアン映画祭「クシナ」ー 何故か心に刺さった67分の中編作品。佐竹郁美という子の存在感が凄すぎた。 pic.twitter.com/VuhsmHUVyA

初めて観た時この映画の世界にひたすら寄り添っていたいと思った。美しい風景の中に美しい女性たちがたくさん出てくる映画、だけど決して綺麗事じゃない。監督が表現したかった魂のために美しさが必要だっただけ。この夏スクリーンで再会できるのが楽しみ、そのために生きたい #クシナ #速水萌巴 twitter.com/kushina_cinema…

◆『人体のサバイバル!』(7月31日公開)

「小学生が選ぶ好きな本」第1位を獲得した漫画『科学漫画サバイバル』シリーズが、タイトルを『人体のサバイバル!』としてアニメ映画化。『がんばれいわ!!ロボコン』と同時上映される。

科学漫画サバイバル」シリーズは、主人公のジオら子供たちが、次々と襲いかかってくるピンチに勇気と知恵で立ち向かっていく姿を描いたもの。人体や自然災害、AI、宇宙などさまざまなテーマが扱われている。

2019年3月には東映アニメーション制作でアニメのパイロットムービーがYouTubeで公開された同シリーズ。同映像に声を当てた松田颯水、潘めぐみ、石田彰、岩崎ひろし、東地宏樹がアニメ映画でも続投する。

これは観たい。 『科学漫画サバイバル』アニメ映画化、『人体のサバイバル!』7月公開予定 cinra.net/news/20200419-… @CINRANETから

人体のサバイバル映画化は嬉しいw でもはたらく細胞も今年度アニメやるんだよね...

◆『TOKYO TELEWORK FILM』(2020年公開)

映画業界はじめ打撃を受けているエンタテインメント業界。先行きの見えない現場に対峙し、マルチに活動する斎藤工が”STAY at HOME”をテーマに、日常化するテレワークを舞台にした映画企画 『TOKYO TELEWORK FILM』を始動。

齊藤が企画・プロデュース・出演・監督を兼任する本作は、俳優、芸人、ミュージシャン、一般ユーザーをも巻き込んで“テレワークカルチャー”を記録し、連作を時系列に並べるオムニバス。

斉藤のほか伊藤沙莉、酒井健太(アルコ&ピース)、大水洋介(ラバーガール)らが参加。

これも凄くいい…!伊藤沙莉ちゃんとか豪華!! 単純にこの映画(COMPLY+-ANCE)が観たいっていうのもある。 (当日券のみの販売…激戦になりそう) 【SCREEN❶】『COMPLY+-ANCE』『TOKYO TELEWORK FILM』 stayhome-minitheater.com/news/2020/04/72

STAY HOME MINI THEATER SCREEN1 『TOKYO TELEWORK FILM』※プレミア上映 楽しみ~⸜(*˙꒳˙*)⸝ stayhome-minitheater.com

◆『僕が君の耳になる』(2021年夏公開)

ソニー・ミュージックエンタテインメントが手がける個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」のメンバーで、ダンスボーカルユニット・銀河団としても活躍中の織部典成が、映画『僕が君の耳になる』で映画初主演を務める。

本作は、平凡な大学生・純平と同じ学校に通う耳が聞こえない女性・美咲が数々のハードルを越えながら愛を深め、成長していく様子を映し出す人間ドラマ。ボーカル&手話パフォーマンスグループのHANDSIGNによる同名曲が原案となっている。

1 2