1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼巣ごもり生活…色々と節約しなければ厳しい

生活が内向きになれば、お金の使い方も変わる。長期戦になりそうな今の生活スタイルが、私たちの家計にどのような影響を与えるか

□これ、参考にしてみて!みんなが実践してる光熱費の節約術♪

・「掃除機の使い分け」

掃除機の「弱」モードで使用する電力は「強」モード」のおよそ三分の一から四分の一。毎日10分掃除機を使うとすると、フローリングや畳で「弱モード」を使ったときには年間900円~1,000円程度節約

掃除機をかける前にはきちんと片づけをしておくなど、基本的なコツも忘れないでください。床材に合ったパワーで、部屋全体をスムーズに掃除すること。これこそが、掃除機を使うときのポイント

掃除機のパワーを使い分けよう♪掃除機は弱、中、強などとパワーを設定できますが、畳やフローリングであれば弱で十分。絨毯などは強に設定するなど、状況に応じて設定を使い分け消費電力を節約しましょう(^ω^)

汚れが多いフローリングの掃除では、掃除機は強でも弱でもあまり変わりません。 電気代は強が弱の2倍ほどになるので、弱をうまく使うことで節約につながります。 #節約 #便利 #家事

掃除機は一気にかけて電力をカットしよう♪掃除機をかける時はあらかじめ片付けをしておく!掃除機の利用時間を減らすことで年間約120円節約できます!CO2は年間約2kg削減できます(^ω^)

掃除機の使用回数を減らす意味でも、ホウキで掃いたり、フローリングなどをぞうきんで水拭きしたりするのは、光熱費対策として有効

フローリングは掃除機を使わず、モップや雑巾を使って掃除をしよう♪掃除機では行き届かない汚れもキレイに拭くことができる上、電気代を節約できます(^ω^)

・「早く寝る」

外に出られないなら早く消灯して、電気もガスも水道自体を使う時間も減らす。そんな早寝の生活を決め込んでいる人も

コロナのおかげ?で早く寝るようになった。電気代の節約にもなるし。 (すでに布団の中で、電気消してます) お日様と共に眠り、お日様と共に起きる… pic.twitter.com/oX3wkUsCz8

今は起きていても寒いし電気代かかるし、早く寝ると節約にもなるし変な空腹感なくて体重もこそっとずつ減っていくし、早く寝るの良い。

節約のため、腹が減る前に寝る生活を始めよう。早い時間から寝る努力をして、早く起きて軽く飯を食べ、またその夜早く寝る。完璧な作戦である。

・「余熱で調理」

今日の夕食の仕込み中♬ 話題のアイラップで下味付けた鶏胸肉を煮込んで、余熱で火を通す✨ ガス代節約&時短!! アイラップって正直昔っからあるただのビニール袋だと思ってて見向きもしなかったけど(すみません…)Twitterで話題だから買ってみたらハマりそう! #アイラップ #鶏胸肉 #時短 pic.twitter.com/em6AZ8U13k

沸騰させたまま食材に火を通すのではなく沸騰させたあとに放置して余熱を利用して食材に火を通す「余熱調理」はエネルギーの節約に

見張っておく必要なく、他の調理や家事をするなど時間を有効活用

煮込み料理はコンロ以外で煮込もう♪煮込み料理は鍋ごとタオルや新聞紙にくるんで、発砲スチロール箱などの断熱効果の箱に入れて保温。余熱での煮込みでガス代が節約できます(^ω^)

1 2