1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

辞退よりも寄付…?一律10万円の給付金制度に様々な声

総務省が全国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」を公表した。受け取りを辞退することも可能。

更新日: 2020年04月20日

10 お気に入り 21160 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

給付金10万円の概要が明らかに!

総務省は4月20日、全国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」を公表した。

給付対象になるのは、基準日の4月27日に住民基本台帳に記録されている人で、世帯主がまとめて受給する形を取る。

申請は郵送かネットで受け付ける。ネットの場合はマイナンバーカードが必要。

申請書が各世帯主に送られてくる。

10万給付の申請期限はどうでもいいけど 振込先口座の確認書類と 本人確認書類の写しって 何を送ればいいねん pic.twitter.com/wyuUA0DXM6

給付金はいつ貰えるのか?

気になるのが、給付がいつ始まるのかです。ある与党幹部は、早ければ5月中に給付を始めたいと話しています。

ドイツは、給付金が、2日で、振り込まれる❗フリーランスで、60万円だそうです。日本は遅いよね。10万円はいつ?

国民一人一人とは?

条件を満たした外国人も対象。

総務省は全国民向けの一律10万円の給付に関し、在留期間が3カ月を超えるなどし住民基本台帳に記載されている外国人も対象に含まれるとした。

ホームレスや「ネットカフェ難民」ら住所が定まっていない人は、4月27日時点でいずれかの市区町村に住民登録されていれば受け取ることができる。

報道では、ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者も受け取れるようにする。

一律10万円給付の件、ホームレス、外国人も対象になって良かった。住民登録のない方など漏れなく給付されるように対応して欲しい。

給付金を辞退することも可能

申請書に受け取らない意思を表示できる。

世帯のなかで給付金の受け取りを希望しない人がいる場合は、申請書の記載欄に記入すれば、その人の分は支給されないということです。

閣僚や自民党議員は辞退か

報道では全閣僚が受け取りを辞退するという。

国民に支給される現金10万円について、安倍総理は全閣僚の受け取り辞退を申し合わせたことを明らかにしました。

自民党は所属する全国会議員に関し、受け取りの申請を行わない方針を固めた。役員会で、対応が二階俊博幹事長に一任された。

国会議員だけじゃなく、公務員は全て辞退でしょう、給料満額もらってるでしょう、みんなで監視しましょう。公務員は日本に役350万人居ます10万円給付金辞退してください。 #給付金#拡散希望#コロナウィルス

一方で給付金を貰って寄付するという人もいる

芸能人の中には寄付を呼び掛ける人がいる。

田村淳が、新型コロナウイルス対策で政府が検討している全国民への10万円給付について「僕は遠慮なく受け取ります」とし、医療従事者のために寄付する意向を示した。

小島慶子は「一律給付にして『不要の人は、ぜひ寄付を』と呼びかけて欲しい」と見解を示した。「寄付を切望している支援団体はたくさんある」と説明した。

1 2