1. まとめトップ

プラントハンター西畠清順さんの会社「そら植物園」 ってどんな会社

プラントハンターの西畠清順さんが気になって調べていたら、西畠さんがやっている「そら植物園」にたどり着きました。「そら植物園」についてまとめていきます。

更新日: 2020年04月21日

1 お気に入り 238 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プラントハンターの西畠清順さんが気になって調べていたら、西畠さんがやっている「そら植物園」にたどり着きました。「そら植物園」についてまとめていきます。

プラントハンターの西畠清順さんとは

1980年、幕末から続く植物問屋に生まれる。高校卒業後オーストラリアに渡り、キャンピングカー生活や東南アジア諸国の放浪を経て、ボルネオ・キナバル山の登山中に出会った食虫植物に魅了され、2001年から植物の仕事に没頭、天職とする。以降、国内はもちろん世界中を旅して、活け花、庭園、空間緑化などのための植物の収集・調達に明け暮れる。

2012年 “ひとの心に植物を植える活動” そら植物園を立ち上げ、「共存」をテーマに東京都心に世界の植物がひとつの森を形成する「代々木ビレッジ」の庭を手がけ日本の都市緑化に大きな影響を与える。
今では年間約250トンを超える植物の国際取引を行い、国内外の公共施設や商業施設の緑化、行政から寄せられる様々なコンサルティング業務、幅広い講演や執筆活動、大河ドラマを含む各種撮影現場での演出、アーティストや教育機関、神社仏閣、文化施設とのプロジェクトなど、ジャンルにとらわれないボーダーレスな活動が数々のメディアに「プラントハンター」として取り上げられ、植物業界に革命を起こし続けている。

2015年、シンガポール政府から依頼を受け「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」にて開催された日本との国交50周年を記念した花見イベントにて、日本中から集めた桜を輸送して咲かせ、当時の入場者記録を更新するなど成功に導いた。2017年、神戸開港150年記念事業の関連事業として行った「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」では141万人を動員。2019年には故ダイアナ妃からウィリアム王子が受け継ぎ、パトロンを務めている英国チャリティー団体「センターポイント 」の50周年を記念したイベント会場の植物空間プロデュースを行い、その活動が大きく評価された
現在も様々な植物の可能性を届けるプロジェクトを世界中で進行中。

西畠清順さんのインスタ

西畠清順さんはブログもやっているみたいです

そら植物園ってどんな会社?

そら植物園は「ひとの心に植物を植える」をスローガンに、プラントハンター⻄畠清順が 2012 年に立ち上げた活動です。
国内外を旅して集めた植物を用いて、さまざまな企業、行政機関などから寄せられる空間演出やランドスケープデザインなどの依頼をいままでになかった切り口で次々と成功させ、日本の植物界に革命を起こし続けています。

2017年にクラブ「そら広場」をオープンさせた

そら植物園の活動

そら植物園はショッピングモールや料亭などの施設に植物を使ったデザインを提供し、植物の仕入れから設営までを行なっている会社のようです。そのため様々な商業施設や料亭、カフェなどでそら植物園が手がけた植物たちを見ることができます。その代表的な商業施設として代々木VILLAGE by kurkkuがあります。

代々木VILLAGE by kurkku

そら植物園は、緑化事業を手伝ったり庭を手がけたりしたりしますが、ランドスケープデザイナーではありません。植物を使って室内緑化をしたり、植物をレンタルしたりしますが、グリーンコーディネイターでも貸鉢業者でもありません。大きな桜を咲かせたり、切り花を使って仕事をしますがもちろんフラワーデザイナーではありません。販売用の植物を生産し、全国のお得意さんに出荷していますが、小売りをしないので花屋さんでもグリーンショップでもありません。

そら植物園は、アーティスト、行政機関、広告代理店、ディベロッパー、イベント会社、デザイナー、各種商業施設、建築設計士、クリエイター、さまざまな企業などなど、幅広いクライアントからの依頼に応える為に、案件に応じてそれにふさわしい植物学者、園芸会社、造園家、貸し鉢業者、フラワーデザイナー、いけばな作家、そしてもちろん植物生産者や問屋などと連携し,プロジェクトを進めます。どこに相談したらよいか迷ったら、まずそら植物園に、、、 そう思ってもらえるよう尽力しています。また、豊富な植物素材のストックと手配能力をもちいて仕事を進めることができるのが最大の強みでもあります。そら植物園は、いままで存在したどの植物の会社とも業態が違うのかもしれません。

そら広場は、プラントハンター西畠清順が代表を務めるそら植物園のオフィシャルクラブ。
植物が好きなひと、植物のある生活を楽しむひとたちが集まっているクラブ活動です。
クラブメンバーになると、毎年秋に、プラントハンター西畠清順が選んだ植物が届きます。他にも、わいわい楽しいことをみんなで企画したり、そら広場限定の農場ツアーへの参加、各種関連イベントへの招待、提携ショップでの割引など、植物を通したさまざまな特典があります。
また、無料で登録できるメールマガジンのメンバーも募集中!そら植物園ならではの情報をいち早くお届けします。

そら植物園の活動はここに凝縮されています。

そら植物園のスタッフについて

そら植物園では、いつでも生き生きとしたスタッフが一生懸命働いています。すべてのメンバーが仲がよく、仕入れに来られるお客さまから「どうしてそら植物園のスタッフはみんなあんなにいい顔をして働いているの?」「会社の雰囲気がうらやましい」とたびたび言われるほど。それは全国から集まってきたスタッフが、みな生き物を扱う会社の一員として、時には互いに厳しく、時には助け合い、切磋琢磨して日々精進している結果なのかもしれません。また、そら植物園では知的障害者の方々の雇用や地元中学校などからの職業体験を広く受け入れています。

1