1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マスクより品薄の体温計が転売禁止にならないのは変とネットが怒

新型コロナの影響で体温計の品薄状態が続いています。一説によるとマスクよりも品薄になってるとか。その体温計が転売禁止になっていない現状にネットが怒っています。

更新日: 2020年04月21日

4 お気に入り 34724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■新型コロナの猛威が続いている

この2~3週間で、日本での新型コロナウイルスの感染者数は激増。期待とは裏腹に、政府のこれまでの対策が感染拡大抑止につながっていない実態が明らかになった

日本の累計感染者数は1万1145人で、韓国(1万661人)を超えた

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、マスクや防御用ガウン、人工呼吸器、アルコールといった資材の不足が深刻化している

■マスクは未だに手に入らず、転売も禁止に

ドラッグストア、コンビニエンスストア、スーパー、どこに行ってもマスクが品切れで手に入らなくなった

「3月にマスクの供給量は6億枚以上になる」 —— 3月5日、安倍晋三首相がそう表明したにもかかわらず、依然として品薄状態が続いている

マスクを仕入れて、購入価格よりも高い価格で、不特定多数の者に転売する場合は禁止の対象

■このマスクと並び購入困難となっているのが「体温計」

新型コロナウイルスの感染拡大で、体温計や体温計用のボタン電池が品薄になっている

メーカー各社が増産にあたっています。ただ、需要の急増に生産が追いつかないとして、各社は家庭で眠っている体温計の活用も呼びかけています

感染確認のために毎日の検温が推奨されており、買い求める人が多いとみられる

■2月下旬あたりから飛ぶように売れ始めたという

感染拡大防止の一環として学校や企業から毎日の検温を求められる人々が増加したことで、体温計への需要が高まり、品薄となってきている

■この体温計が転売が相次いでいるという

体温計は、マスクと異なり、高額転売が法律で禁止されておらず、フリマアプリでは、定価の数倍で出品されるケースも目立っている

フリマアプリやインターネット通販サイトには、体温計が定価の数倍の価格で出品されており、転売目的での買い占めも懸念

「ヤフオク!」では店頭に2千円前後で並ぶ商品が約3倍の価格で取引された事例も見られた

■中には10倍で売られているというケースも

オムロンヘルスケア(京都府向日市)では、体温計の3月の受注数が前年の同じ月と比べて約2・7倍に増加

フリマアプリ「メルカリ」の担当者は「今後の状況を見て対応を検討していく」としている

1 2