1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大きな落とし穴。外出自粛でジョギングは注意したい件

外出自粛でちょっと運動不足。ジョギングは注意が必要ですね…参考にしてね!

更新日: 2020年04月23日

2 お気に入り 7460 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎新型肺炎コロナウイルスの拡大は続いています

▼外出自粛…でも少しは運動したい。公園も人が増えています…

感染防止のため自宅で過ごす人が増え、一部には外出を何でも批判するピリピリした風潮もある。

東京都内の公園では、今月7日に緊急事態宣言が出されたあとも人出が増加している場所があることがビッグデータの分析で分かりました。

運動不足やストレス解消で自宅周辺を走る人の動きは広がっているようだ。

▼そんな中、山中教授がジョギングに注意!

以前より、ジョギングをする人が増えているようにも思います。新型コロナウイルスは感染しても多くの人は無症状です。

ジョギングできるくらい元気でも、実は感染しているかもしれません。

ノーベル生理学・医学賞(2012年)

山中教授「マスク無しでジョギングするのはウイルスを撒き散らしている可能性がある」 nanj-of-us.main.jp/r/364801/ pic.twitter.com/KtK1CRy7Ph

▼運動すると激しく呼吸するから、飛沫が大きくなる可能性もある。

ランニングによる呼吸の荒さは、人との安全な範囲を広げる要素になります。

▼ソーシャルディスタンス(社会的距離)は2メートル。

口から吐き出た唾液は、この気流に乗って後方へ飛び散り2m後ろにいても、飛沫を受けてしまうという。

#飛沫 について #ジョギング  2m後ろでこんなに飛沫がΣ(꒪◊꒪ ;) ジョギングなら10m ウォーキングなら4~5m の間隔が必要 #新型コロナウイルス pic.twitter.com/ENeygA8BPX

・ちなみにジョギングだと前後10メートルの距離が必要…

研究では並走する場合は感染リスクが下がり、前後の距離は十メートル離れないと飛沫(ひまつ)を浴びる危険性があるとする報告もある。

1 2