1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広島県知事の発言が物議…一律給付金10万円を政治家はどう扱う?

政府の一律給付金について、県職員の10万円を #新型コロナウイルス 対策の財源として検討すると広島県の湯崎英彦(ゆざき ひでひこ)知事が発言したことが物議を醸している。与党自民党は辞退、国民民主党の玉木雄一郎代表は受け取りを表明しており、対応が分かれています。

更新日: 2020年04月22日

3 お気に入り 10905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼広島県の湯崎知事の県職員の一律給付金をコロナ対策の財源に検討するという発言が物議を醸した

広島県の湯崎英彦知事は21日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が全国民に給付する10万円について、県職員分を「活用する」との考えを表明した。

基金に積み立て、感染拡大を防ぐ対策の財源に充てる案を想定している。

湯崎知事は「必要な財源が圧倒的に足りない。捻出する時に今回給付される10万円を活用することで、聖域なく検討したい」との考えを示した。

▼この湯崎知事の発言にTwitterでは様々な声があがりました

県職員の10万円 財源に「活用」 #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6357781 広島県はどんな法的な権限があって職員から給付金を巻き上げるんだろう? 会社が困ってるんだから、家計が大変だからと、従業員や家族から取り上げる根拠にならなければ良いが。

広島県民として、これは絶対に絶対に止めていただきたい。美談でもなんでもない。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-…

県知事は自分の分の10万円は好きに使っていい。寄付してもいいし地元の特産品を買うのもいい。しかし県職員が貰う10万円はそれぞれの県職員のものだ(ついでにいうと家族の分の10万円はそれぞれの人のものだ)。家長気分で部下の金を巻き上げるとはなんなんだこの知事は? twitter.com/YahooNewsTopic…

「俺は寄付する!」て恰好付けるのは結構だけど、月に138万円も貰える広島県知事と初任給15万円の新人とでは10万円の重さも違おう。 タチが悪い。 計算したら広島県知事の給料って2,500万円じゃん。(ボーナス3.3月) 自分は10万円を惜しくないからって、そんな事言ったらだめよ。

10万円給付が貧困ビジネスや弱者搾取の温床にならないか心配されていた矢先に、緊縮と公務員シバキに脳をやられた広島県知事が県職員の給付金を勝手に徴収してアピールしだしたのは流石に笑ったし、先例が出来たので緊縮脳に媚びたい全国自治体や意識高い系ブラック企業が一斉に追随し始めそうですね。

▼新型コロナウイルスで収入が減るなど影響が出ている人へ、一律給付金は配布される

収入が減った世帯に30万円を給付からすべての国民に10万円を給付に組み替えた2020年度補正予算案が20日午後に改めて閣議決定されました。

現在、検討されている申請方法は自治体から郵送される申請書に必要事項を記入して返信するか、もしくはパソコンやスマートフォンなどからオンラインで申請する方法です。現金は届け出た金融機関の口座に振り込まれることになります。

原則として、申請しないと現金は受け取れない見通しです。経済的に余裕があるなどの理由から給付を受けない人は申請する必要がないとみられます。

▼政治家も受け取るの? 自民党では受け取らない方針を固めている

安倍晋三首相は20日夕の自民党役員会で、新型コロナウイルス対策として緊急経済対策に追加した国民への一律10万円給付について、閣僚は受け取らない方針を表明した。同党所属の国会議員も受け取らない方向で調整する。

二階俊博幹事長は役員会後の記者会見で党の対応について、所属国会議員も受け取らない方向で調整する考えを示し、「できるだけみなさんの共感が得られるような形で処理したい。これから幹部の間で相談して結論を得たい」と述べた。

10万円一律給付金)給料がびた一文減らない国会議員、地方議員、公務員は受け取り禁止!となぜルール化しないのか。その上で、それでも受け取ったら詐欺にあたる、懲戒処分になると宣言すればいいだけなのに、これも各自に任せるといういつもの無責任政治。国会議員でも絶対受け取る奴はいるよ。

感染のリスクの中で奔走している現場の公務員たちには、たっぷりと特別手当を支給すればいいだけ。それ以外の公務員は給料もボーナスも満額支給で生活は安泰なんだから10万円給付なんて要らんやろ。議員は特に要らんやろ!

▼そんな中、国民民主党の玉木代表は受け取って寄付することを明言

私は10万円を受け取る。マイナンバーでの給付を実際に体験して給付スピードなどを確認したいし、受け取ったお金は日本骨髄バンクなどに寄付するつもりだ。とにかく受けとらないことを善とする風潮を政治家が作り出すのはナンセンスだ。本来、支援を受けるべき人の心理的ハードルを上げるべきではない。

国民民主党の玉木雄一郎代表(50)が21日、安倍首相ら閣僚が新型コロナウイルス禍の緊急経済対策として行われる一律10万円の現金給付を受け取らないと申し合わせたことについて、自身のツイッターで不快感を示し、自身は給付された10万円を日本骨髄バンクなどに寄付すると明かした。

▼政治家の一律給付金受け取りに関して様々な声があがっていました

10万円、私は申請して、全部地域で消費させていただきます。申請しないと国庫に溶けてしまうだけ。本来、和光市には来ないお金なので、全額きっちり市内で使います。時節柄、飲食店のテイクアウトかなあ。タグ作ってみました。 #10万円の使い道 #10万円もらう政治家

生活に困らないし辞退しよう…と思う方は「貰った10万円を景気よく使って、他人の売り上げに貢献」するほうが良いと思うんですよねえ。 その10万円で他人の商売が生き延び、商売に携わる人がまともな消費活動に参加できるなら、10万円辞退するより効果がありそうです。 https://t.co/brkOjDnsnq

10万円現金給付を「困っている人のために使って欲しい」といって辞退する人がいるけれども、その金が困っている人に使われるかかなり怪しいので、受け取って消費や寄付に回したほうが僕はいいと思うよ。

「10万なくても大丈夫」「寄付しようかな」と言うてる人いますけど、寄付ももちろん立派なんですけど、好きな服でもなんでもいいから、好きなブランドやメーカーや人にお金を落としたらいいんすよ。そしたら、その「売上」はそのまま「応援」になるから。経済活動ってそういうもの。

10万円辞退するぐらいなら10万円貰ってskebとかに発注しまくって下さい。プロ神絵師とかでなくてバイトクビになってそうな、フォロワー5000未満とかの若い子らに投資して下さい。 誰も描いてくれそうにない推しキャラを発注しまくるの楽しそう。

1 2