1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
7 お気に入り 33700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■感染拡大が続く新型コロナウイルス

ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、累計患者数は世界185カ国・地域で270万4676人、うち19万549人が死亡。

23日時点

パンデミックの中心となっている欧米で増加ペースが鈍化している一方、トルコやロシア、ブラジル、インドなどで拡大が続いている。

■累計感染者数・死者ともに世界最多のアメリカでは…

感染拡大が最も深刻なニューヨーク州では、いまだに入院が必要な新規患者数が1日当たり約1300人と、ほぼ横ばいに推移している。

■そんななか、NY州で行われた「抗体検査」の結果が発表された

NY州のクオモ知事は23日、感染拡大の実態を把握するため実施している抗体検査で、13.9%に抗体が確認されたと発表した。

■感染拡大の実態把握のため今月20日から開始

NY州は今月20日から、「新型コロナウイルスに感染して抗体をもつ人がどれくらいいるか」を把握する目的で抗体検査を開始。

買い物で外出した住民から無作為に抽出した大人3000人が対象で、食料品店など州内40カ所で実施された。

■結果の詳細

公式発表の約10倍、約270万人が既に感染か

その結果、州全体で13.9%に抗体が確認され、ニューヨーク市に限ると21%だったという。

これを人口から計算した場合、州全体で約270万人、市では約180万人が既に感染した可能性が示されたことに。

公式発表の約10倍

ジョンズ・ホプキンス大学のアダルジャ氏は「予想よりも広く拡散していると同時に、致死率は公式統計よりも低い可能性がある」と指摘している。

同州の死者数は1万5500人で、270万人が感染していたとすれば致死率は約0.5%となる

■この結果は「経済活動再開」の判断材料の一つとなる

現在、経済活動の停滞による急激な景気悪化を受け、住民の間では「規制緩和」を求める声が増加。

トランプ大統領は15日、「感染はピークを過ぎた」と強調し、早期の経済活動再開に向けた指針を公表している。

各州で実施されている外出制限令を解除し、経済活動を再開するには、抗体検査の結果が重要な判断材料になる。

数字で楽観視できないけど、これは闇の中で僅かな光が見えたんじゃないかと思う。 NYで3千人検査 14%に抗体確認 #抗体保持者 news.yahoo.co.jp/pickup/6358009

コロナの致死率が0.5%程度らしくて、インフルエンザの0.1%と比べると高いけど、数値だけ見ると微妙だな。

NY州の14%に抗体確認、新型コロナで3000人検査 | Article [AMP] | Reuters 集団免疫を得るに感染者数が全体の5〜7割必要とされるから、まだまだ終息は遠いなという印象 一方で気付かないうちに感染して治ってる人が多いというのは希望でもある 油断は禁物だが… jp.reuters.com/article/health…

■ただ、問題点も

1 2