1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

新型コロナウイルスの感染拡大が続く

平日のオフィス街からは人通りが減り、街中では飲食店や商店が1日中シャッターを閉めたままひっそりと佇む寂しい光景が広がっています。

病院や介護施設などでも院内感染の発覚が相次いでいる状況

新型コロナウイルスの感染は拡大し続けており、病院や介護施設などでも院内感染が起こっています。

東京都内の病院でも医療スタッフと患者が集団感染し、死亡者が出ているところがあります。

アメリカでも深刻な問題に

アメリカでは、介護施設で暮らしているまたはこうした施設と関係のある少なくとも7000人が新型コロナウイルスで死亡している。ニューヨーク・タイムズが報じた。

アメリカの介護施設は新型コロナウイルスの影響を大きく受けている。4月17日現在、アメリカでは新型コロナウイルスで3万6500人以上が死亡していることから、死者の約5人に1人は介護施設と何らかの関係があるということだ。

海外では実際に医療崩壊が起きています。感染者による死者が2万1600人(15日時点)に達したイタリアでは、毎週の医師の残業時間が25時間を超えたり24日連続で労働時間が毎日14時間を超えたりする事態になりました。

また看護師や医師などの院内感染も確認されており、続出する感染者へ対応し切れていないのが現状です。

オンライン診療も。。

「初診は対面診療」を原則としてきた厚労省と日本医師会だが、新型コロナ感染症の院内感染拡大で医療崩壊の危機に瀕し、新型コロナ感染に限定してオンライン診療を容認する姿勢に転じた。

各都道府県は対応できる医療機関のリスト化を進めており、4月中には感染の有無を判定するオンライン診療が実施される見込み。

介護の現場でも緊急事態宣言を受けて様々な対応を迫られている。特に入所型施設では病院などと同様の重要な社会インフラとして事業継続が求められている。

466億円かけた「アベノマスク」は世間で不評だが、介護施設では……

「それまでは利用者の方も在庫の不織布マスクを使っていただいていたんですが、布マスクが届いたことで不織布マスクの節約になります。その意味ではとても助かっています」

マスクの全世帯配布は世間から大批判を浴びました。一世帯にわずか2枚ということやその配布に466億円もの予算が使われたことに対する衝撃からです。

「たった2枚のためにそんな大金を使うなら医療機関や介護施設にまわすべきだ」という声があがりました。マスク不足で悩む医療機関はまだ多いようですし、布マスクは使いものにならないでしょう。ただ、介護施設では役に立っているのです。

ネットの反応は

派遣の旦那の勤務先でコロナ、旦那が濃厚接触者疑いで、派遣さんも自宅待機になった。 学校や積みでママさんパートが休業、派遣さんも自宅待機 もううちの施設も介護崩壊状態 #介護

医療崩壊が始まっているなか、今度は介護現場が悲鳴をあげていると言う 3密の可能性が高いからだと言う。これからは介護崩壊が始まると言う。心配だ。大阪府のコロナ検査者数は500件で高止まりしていると知事が発表した。都道府県でも高止まりしているのか不安だなあ。

院内感染した病院。地域医療ではトップクラス。感染者が出た介護施設から受け入れをして…感染者だとわかっていたのに、院内感染してしまったことに驚いた。母が定年まで勤めていた病院。むすこっちたちもここで産まれた。かかりつけでもあった。医療崩壊ってこういうことなのか…

1 2