1. まとめトップ

コナンの黒の組織が複雑なのでまとめてみた!

長年連載を続けているコナンですが黒の組織が複雑で読むのをやめてしまったという人もいるかもしれません。そんな人のために黒の組織をわかりやすく解説します

更新日: 2020年04月25日

4 お気に入り 19931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

名探偵コナンを見ていて黒の組織が複雑だな~と思う方はいませんか?そんな人のために黒の組織をまとめました

黒の組織メンバー(敵)

あの方

黒の組織のボス。名前・性別・年齢など、未だその正体が明かされていない人物で、様々な憶測を呼んでいる。
組織のナンバー2・ラムは側近の立場。
ベルモットがお気に入り。しかし、ジン曰く、ベルモットの秘密主義は嫌っているらしい。
赤井秀一を"Silver Bullet"として恐れている。
灰原哀はその正体について「ただでさえ信じ難い人物が浮かび上がって来るかもしれないんだから」と言っている。

しかしその正体は今から数十年程前に謎の死を遂げたとされる大富豪烏丸蓮耶だったことが判明する

今から数十年程前に謎の死を遂げた大富豪。年齢は40年前の時点で100歳を超えていたとされる。享年99歳。
その素顔は不明だが、シルエットは首筋まで伸びた髪と高い鼻、そしてやや肥満気味な体型が特徴的。右手には杖を持ち、左肩には自身の紋章にもなっているカラスらしき鳥を乗せている。

莫大な量の財産を所有する名の知れた資産家であり、とある山奥に洋館「黄昏の館」という別荘の扉、床、手すり、食器、チェスの駒からトランプにいたるまで全て彼の特注品で、それら全てに先程のカラスをあしらった紋章が刻まれていた。

組織のナンバー2ラム

黒の組織のボスの側近にして、組織のNo.2として名高い最高幹部。

コードネームを持つメンバーの中でも唯一別格と目され、赤井秀一からも「ジン以上の大物」と評されている。ベルモットもラムには敬語を用い、ジンもラムの命令には逆らえない。
17年前、アメリカで発生した羽田浩司と大富豪アマンダ・ヒューズの殺害に関わっていたとされており、この事件においてなにかしらの重大な失態を犯したとされる。
左右どちらかの目が義眼であり屈強な大男、女のような男、老人など情報が錯綜している

現在ラムの候補として挙げられているのが次の3人

長野県警の捜査一課課長として初登場し、後に警視から警視正へと昇格した松本清長に代わって警視庁捜査一課の管理官となった。本来は警察庁に所属していた。大事故に遭い、10年近く意識不明で警察病院に入院していた。その事故で顔に火傷を負い、右目が義眼となった。黒髪だったが、事故のストレスで白髪に変色し、別人のようになっていた

帝丹小学校教師で、コナンたちのクラス(1年B組)の副担任。37歳。
垂れ目と白縁の眼鏡が特徴の成人女性。『新任教師の骸骨事件』にて初登場。自己紹介時にお辞儀をしようとして教卓に頭をぶつける、持った荷物を時間割表に引っかけて破いてしまうなど、この人を彷彿とさせるドジっぷりが多い。これまでコナンら少年探偵団と共に何度か事件に遭遇しているが、その犯人に対し(コナンたちの見ていない所で)殺気に満ちた表情や暴力的な言動を見せており、犯人を身が竦むほどの恐怖に追い込んだこともある。

またその際には眼鏡の右のレンズが光り、奥の右目がどうなっているのかがわからなくなる。

米花いろは寿司の板前。56歳。

同じ場所に留まるのは性に合わないので、店を転々としながら現在は「米花いろは寿司」の板前として働いている。
風貌は眼帯に出っ歯の成人男性で、飄々とした気のいい性格。

推理が得意で、安室透と同様に毛利小五郎に弟子入りした。ただし、単なる推理好きな板前だけではないようで、若狭留美の事や、工藤新一の消息にも関心を持つなど、裏の事情が仄めかされている。

先週の名探偵コナンを観て #ラムの正体 が判った気がする。 これまで声優の名前やその声優の別アニメのキャラ名が登場人物として来たわけだがその法則に当てはめると #若狭留美 →CV平野文=うる星やつらのラムちゃん。 つまり #ラムの正体#若狭瑠美 になる。 #名探偵コナン

せっかちの綴りは impatient これ読み方によっては I’m patient 私は患者。つまり #ラム の正体は10年近く意識不明で入院してた #黒田管理官 ? さすがにないか。すみません… #名探偵コナン #ラムの正体

その他メンバー

黒の組織の幹部で、主人公・江戸川コナン最大の宿敵。
取引現場を目撃した工藤新一を殴打し行動不能にさせた上でAPTX4869を飲ませた張本人でもある。
黒尽くめな衣装のほかに主な特徴は、銀の長髪・深緑の眼・左利き・細身長躯・ヘビースモーカー。また頬には赤井秀一によって負わされたかすり傷が残っている。
黒のポルシェ356Aを愛車としている。

シェリーこと灰原を髪の毛一本で認識するなど、彼女の組織脱走前に深い関係があったと思われる。またベルモットとは肉体関係を持っていることが作中で示唆されている。

主人公である江戸川コナンの宿敵である黒の組織の幹部メンバー。
ジンのサポートを主に担当しているが、コードネームを持たない格下のメンバー達の指揮を執る事もある。
また、同格メンバーであるテキーラの死後は、彼の板倉卓との取引の任務を引き継いでいる。ジンの部下のように振る舞っているが、個人的な舎弟分というだけで、地位はジンと同格であり、実際、ジンと同格と明言されている幹部のキャンティやコルンにもタメ口で接する場面が見られる。

黒の組織の大幹部で本名はシャロン・ヴィンヤード。

なお、見た目は20代から30代にも見える美女ではあるが少なくとも40歳以上は生きているため、なんらかの方法で外見上の若さを保っている。極度なまでの秘密主義者であり、"A secret makes a woman woman. (女は秘密を着飾って美しくなる)"が口癖。現在も生存する黒の組織のメンバーで唯一江戸川コナンと灰原哀の両者の正体を知っている人物であり、組織の中でもコナン達との関わりが非常に深い人物である

組織にとって邪魔となる赤井秀一を抹殺する為に、ニューヨークを騒がせている日系人の通り魔に成りすました際、自身を捨て身で助けた工藤新一と毛利蘭に感銘を受け、それぞれ、"Silver Bullet (銀の弾丸)"、"Angel (天使)"と呼び、どんな時でも両者を決して傷付けようとせず、逆に自分の身を危険に晒してまで守ろうとする。
二人のことは、自分にとってこの世でたった二つの宝物だと語っている。

これらの出来事が原因でベルモットは蘭とコナンをかばうようになる

黒の組織の幹部の一人である腕利きの女性スナイパーで、コルンとコンビを組んでいる。
左目周りにアゲハチョウをあしらったタトゥーを入れている。一人称は『あたい』で、乱暴で粗野な話し方をする。コルンとの協調性は高く、本人も狙撃時に頭を狙うのを好むが、コルンが「頭がいい」「右がいい」と狙撃箇所を指定してきた場合、必ず了承している。カルバドスを見殺しにしたベルモットを嫌っている

黒の組織の幹部の一人。帽子を被りサングラスをかけた腕利きの男性スナイパー。

同じ組織の女性スナイパー・キャンティと行動を共にしている。
短気で口うるさいキャンティに対し、辛抱強く無口でほとんど喋らず、喋る場合は基本的に助詞を省いて淡々と喋る。その点では感情に左右されない冷静さを持つ分、キャンティよりスナイパーの実力は上である。カルバドスを見殺しにしたベルモットを嫌っている

沼淵己一郎は元黒の組織の仲間とは言っても末端の末端。組織は沼淵の身の軽さを買い、殺人術を教え込んで有能な殺し屋に仕立て上げるつもりだったがどうにも使えなかったため、灰原が作った薬の効果を試す人体実験用のモルモットとしての役回りになった。その後警察に逮捕された

死亡したメンバー

コンピュータのプログラム関係の取引を行っていた黒の組織構成員。関西弁を喋り、身長は2mを越す大男。床に落ちた小銭を拾おうとしているコナンを蹴り飛ばすなど、性格はかなり粗暴。また取引で得たカバンの中身が、第三者の手で爆弾に掏り替わっているのに気づかないという鈍感な一面もある。ゲーム制作会社・満天堂との取引中、取引相手を狙った別の事件に巻き込まれて爆死。

烏丸蓮耶に長年仕えていた幹部。表の顔は大手自動車メーカーの会長。組織の権力を利用し現在の地位まで上り詰めた。あるホテル内で行われた偲ぶ会で、組織の末端に位置する吞口重彦を事故に見せかけて暗殺。その後、組織から長らく逃亡し続けている最重要人物のシェリーと会場を訪れていた灰原哀が同一人物であることに気づいたため、彼女をホテル内の酒蔵に監禁。自分を補佐するために暗殺に同行していたベルモットの協力により、会で行った暗殺事件の事情聴取での持ち物検査を潜り抜けて再び酒蔵に現れ彼女を始末しようとするが、江戸川コナンの策略により失敗に終わる。ジンに射殺される

1 2