1. まとめトップ

旅のプロが紹介する長崎観光のおすすめスポット~長崎市内編~

旅行会社に勤務している私が、30回以上訪れている大好きな長崎の魅力をまとめます。定番の観光地から地元の人しか知らないような穴場のスポットまでご紹介いたしますので、ぜひ旅のご参考にしてみてください。

更新日: 2020年05月07日

1 お気に入り 1254 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「長崎への旅行」と言えば皆様は何を思い浮かべるでしょうか。長崎には夜景、中華街、世界遺産など様々な観光コンテンツがあります。こちらのページでは、テーマ別に【定番TOP3+作者おすすめのスポット】の流れで、有名なスポットからマイナーなスポットまでを厳選してご紹介いたします。

KATAROHさん

■夜景スポット■

100万ドルの夜景と言われた長崎の夜景は、香港・モナコに並び世界の新三大夜景都市に称されています。

夜景を楽しめる場所も点在しており、それぞれで全く異なる夜景に見えるのも世界に評価されているポイントとなります。是非あらゆる角度で長崎の夜景をお楽しみください。

※山々には海も囲まれているため、夕暮れ時は水辺が日光を反射し、青紫の神秘的な夕焼けを見ることが出来るのも長崎の魅力です。

①稲佐山展望台

まずはなんと言ってもここ。稲佐山。
長崎市のランドマーク的存在で、夜景鑑賞に大変人気のスポットです。

また、おすすめしたいのはここは夜だけの観光スポットではないということ!

日中は長崎の街を360度見渡すことが出来、
長崎市街地はもちろんのこと、雲仙、天草、五島列島まで眺めることが出来て、とても爽快な気分を味わえます。
(ちなみに私は昼間の風景の方が好きです!)

②鍋冠山公園

稲佐山とは真逆に位置する鍋冠山公園。展望台からは長崎港を一望することができ、その眺めは長崎で1,2を競う美しさと言われています。

展望台は、平成28年4月にリニューアル。
展望スペースも約4倍に拡大され、旧グラバー住宅や軍艦島など「明治日本の産業革命遺産」の構成資産5カ所を一望することができます。

③風頭公園

「風頭公園」は、幕末の風雲児、坂本龍馬の銅像が建立されている場所でもあり、歴史を感じさせる夜景スポットです。

また、季節の名所でも知られており、例年3月下旬には「桜まつり」が開催され、18:30~21:00のライトアップもまた見逃せません。お花見する方も多くいます。

〈おまけ〉出雲近隣公園

夜景スポットとしては出雲近隣公園はとってもおすすめです。

夜景のクオリティはもちろん申し分ないのですが、
それ以外の理由としてはまずとにかく人が少ないこと。
そして昼間は普通の公園としてフル稼働しているため、整備もきちんとされていること。

きれいな場所で静かに過ごせるスポットなので、ロマンチックムードを独占したいカップルにはほんっとにおすすめです。
こんな素敵な場所で告白しちゃう学生になりたかった・・

■世界遺産■

2020年現在、長崎県には世界遺産が合計19個あり、長崎市内にはその内11個あります。
(ちなみに九州全体で43個)
世界に評価された長崎の歴史。是非立ち寄って歴史に思いを馳せてみてください。
それではおすすめスポットをご紹介いたします。

①グラバー園

グラバー園って元々はある人の家だったって知ってますか?

そう。ある人とは、明治維新の際に大きな功績を残したグラバーさんの家です。一言では語るれないほどの様々な歴史が詰まっているスポットということで世界遺産に登録されました。

ただ、純粋にお花がきれいだったり風景がきれいな場所でもあるので、子供から大人まで、歴史が苦手な方から得意な方まで楽しめる定番おすすめスポットです。

ハートの石がどこかに隠されているので、探してみてください。

②大浦天主堂

長崎の歴史には教会の存在が欠かせません。

幕末の開国にともなって造成された長崎居留地に、在留外国人のために建設された中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の教会。

多くの教会の中でも現存するものでは大浦天主堂が国内最古となります。
聖堂内を飾るステンドグラスの中には、約100年前のものもあり、とっても素敵な雰囲気です。

グラバー園のほぼ隣に位置しているので、一緒に観光してみてください。

③軍艦島

2015年に世界遺産に登録された島。
海上に浮かぶその島は軍艦のような姿をしているため、通称:軍艦島と呼ばれています。

かつて多くの人が住み、そこには勿論生活があり、一つの街として成り立っていました。
石炭を巡った多くの歴史があり、長崎が誇る歴史遺産です。

いざ目の前にしてみると圧倒的な存在感があります。
一生に一回は訪れる価値あり。

〈おまけ〉小菅修船場跡(そろばんドッグ)

小松帯刀、五代友厚、グラバーが造った船の修理ドック。
日本最古の蒸気機関を動力とする曳き揚げ装置を設置したスリップドックであり、日本最古の煉瓦造りの建造物です。

レールの上に置かれた滑り台がそろばん状に見えたため、「ソロバンドック」という通称がつきました。

駐車場が近くにないため、少しアクセスは悪いですが無料で入場できるので、ぜひ『日本最古』を楽しんでみてください。

■街ぶらスポット■

長崎は観光する場所が多くあるため、スケジュールが詰まってしまい、
なかなか街をゆっくりとぶらぶらする時間が取れないことがよくあります。

しかし長崎の街ぶらはとっても楽しいんです。
なぜなら、中華街等の異国文化を楽しめる定番の場所もある一方で、
多くの異国文化を受け入れた土地のため、「日本初」「○○発祥」の歴史を感じさせるお店が多いからです。
チョコレートやコーヒー、ビリヤード、ボウリングなども、実は長崎が発祥です。

ぶらりスポットも是非立ち寄ってみてください。

1 2