1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コロナ禍で動物にも異変…チンアナゴを救う水族館の試みにざわつく

新型コロナで多くの動物園や水族館が休園になった。すみだ水族館のチンアナゴの健康管理のために顔見世して欲しい。

更新日: 2020年04月28日

9 お気に入り 17016 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

新型コロナで動物園や水族館が休園に…

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、動物園や美術館、植物園をはじめ世界中の多くの施設が休園中。

動画配信サービスで対応している

上野動物園をはじめとする多くの施設が「#休園中の動物園水族館」というハッシュタグを付けて動物たちの写真や動画をSNSに投稿。

新型コロナの感染防止のため休館中のマリホ水族館が家で楽しんでもらおうと動画配信を行ってる。巨大なラグーン水槽やチンアナゴとニシキアナゴ、新人飼育員の潜水ショーの練習風景などを紹介している。

マリホ水族館は広島県にある。

沖縄こどもの国が4月中旬からユーチューブでの定期配信を始めた。休園中の動物たちの様子や家庭で作れる工作品紹介など、多様な動画を公開。毎日1本ずつアップしていく予定だ。

ぽかぽか陽気でお昼寝中のプリンと赤ちゃん・・??ごまもようになっているではないですか!!なんと昨日一日でほとんどきれいに白い毛が抜け、大人と一緒の毛皮になりました毎日の成長がたのしいです。 #休園中の動物園水族館 pic.twitter.com/SLR5OpYGKV

2019年11月27日生まれのカナエはすくすくと成長し、今日で生後5か月になりました。 飼育係が撮りためてきた秘蔵の写真をどうぞ。体の模様の移り変わりがわかりますね。 #マレーバク #休園中の動物園水族館 pic.twitter.com/Pq2O8cpsJx

すみだ水族館で珍事件が起きた…特にチンアナゴ

すみだ水族館は3月1日から臨時休館を行っている。

チンアナゴは本来、非常に繊細で警戒心の強い生き物。人が近づくとすぐに砂の中に潜って隠れてしまうが、約300匹が1つの水槽で暮らす同水族館では日常的に大勢の人がいたため、人が近付いても砂に潜ることはなかった。

「人がいない環境が日常になったことで人間の存在を忘れ始めてしまったのか、飼育スタッフが通りかかってもすぐに砂に潜って隠れてしまう事態に」

健康管理に支障をきたすという。

チンアナゴにスマホで『顔見世』してほしい

iPhoneやiPadのビデオ通話アプリ「FaceTime」を通じて自宅にいながらチンアナゴたちに顔を見せ、人間を思い出してもらおうというもの。

緊急開催決定❗️❗️ 異例の長期休館でいきものたち(特にチンアナゴ)が人間の存在を忘れ始めていますだからお願いです。お家からチンアナゴにあなたの顔を見せてあげてください。 「チンアナゴ顔見せ祭り」開催します❗️ sumida-aquarium.com/news/details/2… #お願い人間のこと思い出して #休園中の動物園水族館 pic.twitter.com/vG2L0ydCW1

チンアナゴの生態変化にざわつく

@Sumida_Aquarium チンアナゴが人間の顔を忘れるという事態があるとは...!

@Sumida_Aquarium チンアナゴが顔を見せる祭りだと思ったら逆でひっくり返った。

@Sumida_Aquarium @cemedinecoltd 「人間が脅威ではない存在である」という訓練が必要ってことなんですね! 興味深い…

1 2