1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

yurinl.sakuさん

顔の良しあしって大事

顔が良ければ全て許せるって顔だけで結婚したけど19年も経つと普通に許せないな。

@m_____e_____g87 顔悪いと1年続かなかったかもしれないので19年続いてよかったです。

@m_____e_____g87 でもブスでももちろん許せなくなるのでやっぱり顔面はイイのに越したことない✌️

@m_____e_____g87 私も人生で一度くらい、どストライクの顔の人と暮らしたかった。

牛丼がきっかけ

学生時代「お金ないんですよね〜」てスカイプで言ってたら「住所教えてくれませんか…?悪用はしないんで!」て聞いてきてそっから毎月毎月吉野家の冷凍牛丼を大量に仕送りしてくれたのが、旦那

わたしは2年間送られてくる牛丼(たまにハムだったりウインナーだったり冷凍の良い肉だったり)をもりもり食って5キロ太ったうえに「好きかもしれへん…」てなって結婚を迫った

@nijico お、お、お、お、お、教えたんかーい! 良い子はマネしちゃダメなやつ。でも、旦那さんは良い人でよかったですね。

@nijico FF外から失礼します吉野家を餌付けられて好きや!になったんですね

気持ちの代弁

「外出を自粛している人ほど、外出している人を腹ただしく思うかもしれない。ただ自粛をしているあなたがいるから医療崩壊を防げています。」 って藤井アナの言葉聞いて涙出た。 まさに今自粛している人はどこにもぶつけられない怒りを溜め込んでいたから。ありがとう藤井アナ。#newsevery

@lkjGS8giKqnyU1B @gejimayuman 藤井アナの言葉に、毎回元気をもらっています。 昨日は私も涙が出そうになりました。 大切な人のふるさとを守ることにもなる… この言葉も暖かかったです。

@love2mako @gejimayuman 私も藤井アナの言葉を聞きたいから、エブリィ見ているようなものです。 その言葉すごく素敵でしたね。

@lkjGS8giKqnyU1B 白々しい人、多い!! が、 フジイさんからは、そんな感じ、まったくしません!!

確かにそうかも

ディズニーにおける家庭内の悪役ってずっと「まま母」だし、ラプンツェルもリメンバーミーも結局悪役は他人で「やっぱり血の繋がった家族が一番」なオチだったから、「実父・実母がクソ」を早く描いてほしい ファミリー向け映画で血の繋がりを否定するのは難しいんだろうけど、救われる人はいると思う

@yeomk2 @tomikoumi0019 うちのゼミの先生が言ってたのは、ディズニーや童話では継母や継父がよく悪役で酷いことするのは、元々のストーリーでは本当の母親で、あまりにも酷いから変えたらしいですよ。太古から児童虐待や毒親ってのはいたけど、世間は今でもそれをまだ受け入れられてないようです。

@yeomk2 マジレスになってしまいますが、大元のグリム童話等の初版本では実母だったらしいです。 しかし、実母で批判がいっぱいきたから継母になったとか。

@yeomk2 『モアナと伝説の海』は、お父さんが、外の世界を知ろうとしている娘を、「この島だけで充分」と押さえつけていました。悪いお父さんでは無いですが、案の定、島が大変なことになった時のリスクヘッジが出来てなくて、ただ慌てふためくだけ。安全保障の映画としても、とてもいい映画でした笑

@yeomk2 2007年公開の『ルイスと未来泥棒』は実親から赤ん坊だったルイスが捨てられるところから話が始まりますね。ルイスは過去の血の繋がりを追い求めようとしますが、最終的に決別して血の繋がらない家族との未来を選んでいく話です。

や、優しい~

1 2