1. まとめトップ

夏までにダイエット!在宅勤務でもダイエットは朝ごはんがカギ!太りにくい体質を作る朝食の摂り方

朝食を大切にすることはダイエット成功への近道。在宅勤務だと生活リズムが、乱れがちです。どんな朝食レシピにすれば、しっかりと痩せていけるのか。そこで今回は、体重を落とすダイエット期間でおすすめの朝ごはんを詳しく解説。

更新日: 2020年06月14日

3 お気に入り 6185 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

ダイエットに朝食抜きは不向き! やっぱり太りやすい

体内時計の正常化はダイエットや健康と深い関係があります。必要な時に体温を上げて、脳や内臓の働きを活発にしてくれる役割があるからです。体内時計が正常に働けば、食べたモノを使い切る働きがある代謝も、正常に行われることが多いのです。

また、朝食を食べられるということは、夕食の食べ方が理想的であることの表れでもあります。

ダイエットのカギを握るのは朝食

睡眠中もエネルギーは消費されているので、朝起きたばかりの体は空腹で飢餓状態になっています。ここで少しでも朝食を食べておかないと、栄養が不足して、一日体を動かす元気が出ませんよね。

そもそも、ダイエット中は朝ごはんを食べてた方がいいの?

ダイエットする人の中には、一日の総摂取カロリーを落としたいがために、朝ごはんを我慢する人もいますが、実はその行為、ダイエットには逆効果。

人間の基礎代謝は、基本的にエネルギーを消費する動きになってからじゃないと上がりません。朝食を抜いてしまうと、体はまだエコ状態をキープしてしまい、エネルギーをできるだけ温存しようと働き出してしまいます。

朝食は“痩せたい”とき以外にも食べるべき!

朝食を食べることは、ダイエット効果をアップさせるだけではなく、さまざまな意味があります。食べ物からのビタミンやミネラルを効率的に摂り、活動的な毎日をお送ることができるのです。

朝ごはんのカロリーはどのくらい?

1日に必要なカロリーは、朝と昼と夜で、3:3:4でとることが理想とされています。このことから考えると、朝食では500kcal前後を目安にとりいれるのが理想的

ダイエット中に朝ごはんを食べるメリット|食べるべき理由とは?

もし食べないとエネルギーが不足してしまうのはもちろん、美容や健康に欠かせない食物繊維や鉄分などの栄養素も不足してしまいかねません。

せっかく体重が減っても栄養素が不足してしまうと、痩せるというよりはやつれた状態になってしまうことも

朝ごはんを食べるメリット1. 代謝を上げる。

どんなに筋肉がある人でも就寝中は代謝が低下していて、朝ごはんを食べることがきっかけで代謝が上がります。代謝が上がることで脂肪燃焼しやすくなり、痩せる準備ができますが、朝食を摂らないと脂肪を蓄えやすくなりがちです。

朝食を摂ることはダイエットには欠かせないことで、糖質やタンパク質をバランスよく摂取しながらも、低カロリー・低脂肪に意識した献立づくりにするのがダイエットを成功させるコツ

朝ごはんを食べるメリット2. 筋肉の分解を防ぐ。

ダイエット中だからといって朝ごはんを抜いてしまうと、エネルギー不足になってしまいます。

一日の活動に必要なタンパク質を朝食で摂取できないと、必要な分を確保するために筋肉を分解していってしまいます。

朝ごはんを食べるメリット3. 体の排便をスムーズにする。

朝食を抜くと便秘解消に効果的な食物繊維が不足してしまい代謝が落ち、脂肪燃焼効率が下がってしまいます。

脂肪が燃焼しにくくなると体重も増えやすくなり、ダイエットには悪影響を与えてしまうでしょう。まずは朝食で、腸の活動を活発にしてくれる食物繊維をしっかりと摂取しましょう。

ヘルシーな朝食とは? 太りにくい体質を作るための朝食の基本

現代人向けの朝食メニューの基本は、「野菜・乳製品・果物などを中心にし、動物性の脂肪やたんぱく質を控えめにする」のがおすすめ

朝ごはんもバランスよくが基本!

パンやごはんなどの主食、ウインナー卵や納豆などの主菜、野菜やきのこ使った副菜をそろえるように

忙しくても朝食は抜かないで!

朝食を抜くと体温が上がりにくくなって基礎代謝がさがってしまったり、胃腸に刺激が起こりにくくなり便秘に繋がることがあります。これらはダイエットをする上では逆効果に

ダイエット中の朝食で押さえるべきポイント|朝ごはんはどうすればいい?

ダイエット中の朝食1. 洋食よりも和食を選ぶ

ダイエット中の朝食で意識したいのが、タンパク質をしっかり摂り、低脂肪にすることです。朝食の定番であるおみそ汁には、みそや豆腐にタンパク質がたっぷり含まれていて、ダイエット中の朝食におすすめです。

ダイエット中の朝食2. 食物繊維を多くする

ダイエット中は食べる量を抑制してしまうことから、食物繊維が不足しがちになってしまいます。食物繊維が不足してしまうと便秘になり、代謝が落ちる原因になってしまうため、朝食では食物繊維をしっかり摂取できる献立にするのが、健康面から考えてもおすすめです。

1 2 3