1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

凄くショック…志賀廣太郎さんが「肺炎」で死去に驚きの声

俳優の志賀廣太郎さんが「誤嚥(ごえん)性肺炎」で死去した。志賀廣太郎さんの訃報に様々な声をまとめ。

更新日: 2020年04月30日

5 お気に入り 22980 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●俳優の志賀廣太郎さん

志賀 廣太郎(しが こうたろう、1948年8月31日 - 2020年4月20日)は、日本の俳優

大河ドラマ『篤姫』(08)、『龍馬伝』(10)など、数々の人気作の名脇役として活躍

NHK連続テレビ小説「マッサン」、2014年~テレビ東京 「三匹のおっさん」シリーズ、2016年TBS「神の舌を持つ男」、2017年TBS「陸王」など

●ドラマ『三匹のおっさん』は人気シリーズになった

最終話の瞬間最高視聴率が15.1%を記録したことが報じられた。これらの記録は、テレビ東京のプライムタイム帯のテレビドラマ史上初

●2019年春に脳梗塞で倒れ、出演ドラマを降板

2019年4月9日、4月5日から6日にかけて脳梗塞を発症し、緊急手術を受けて入院中であることがテレビ東京系ドラマ24枠のドラマ『きのう何食べた?』の公式サイト上で発表

主人公の父親・筧悟朗役で出演していたが、大事をとって降板

●その志賀廣太郎さんが誤嚥性肺炎で死去した

俳優の志賀廣太郎さんが20日午後8時20分、誤嚥(えん)性肺炎のため亡くなった。71歳だった

「弊社所属俳優の志賀廣太郎が、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で永眠いたしました」と発表

●葬儀は近親者のみで執り行われた

「ご遺族の意向により、葬儀は4月29日に近親者のみにて執り行われました」と報告

●今後、お別れの会も予定しているという

「お別れの会」等の実施につきましては、新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、ご遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催させていただく予定

▼志賀廣太郎さんの訃報に芸能界から様々な声

●役所広司が追悼コメントを発表

所属事務所を通じて「ドラマ『陸王』の現場では俳優部の先生のような方でした。チームには欠かせない存在でした。とても良い俳優さんを亡くしました。残念です」と追悼のコメントを発表

●南果歩はTwitterで志賀廣太郎さんを偲ぶコメント

1 2