1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

再延期はない…追加費用3000億円の東京五輪に様々な声

新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックが1年の延期になった。追加費用が3000億円という話が出ている。森喜朗会長は東京五輪の再延期はないと述べている。

更新日: 2020年04月30日

7 お気に入り 15085 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

新型コロナで東京五輪はどうなった?

2020年開催の東京五輪が1年延期になった。

新型コロナウイルスの影響によって1年の延期を強いられた東京五輪は、現時点では2021年7月23日に開幕する予定。

コロナウイルスのワクチンは間に合うのか?

4月28日に日本外国特派員協会のオンライン会見で私見を述べた。新型コロナウイルスが終息しなければ、五輪開催は無理だろう。

日本医師会の横倉義武会長は28日、新型コロナウイルス感染症に対する有効なワクチンが開発されなければ、2021年の東京オリンピック・パラリンピック開催は難しいとの見方を示した。

ワクチンの実用化には1年半程度かかるとされる。1年後の大会開催に不安が広がる中、国内医療界トップが公の場で警鐘を鳴らした形で、波紋が広がった。

IOCのジョン・コーツ副会長は4月29日、1年延期もなお開催に懐疑的な声があがる2021年の東京五輪について「WHOの助言を得て計画している。それはワクチンに依存しない」と語った。

五輪開催の追加負担はどうなる?

日本がどの程度負担するのかは、報道では明確になっていない。

東京五輪の開幕が来年7月へと1年延期され、この影響で発生する巨額の追加費用を国際オリンピック委員会も負担するのか否かについて、コンセンサスができていない。

IOCのバッハ会長はスポーツ界に向けた書簡の中で、IOC側の追加経費の負担は数億ドル、日本円で数百億円になるという認識を改めて示した。

この金額はおそらく日本サイドの負担額ではない。

IOCのバッハ会長が公式ホームページで「日本の安倍首相が、1年延期で必要な追加費用(約3000億円)の負担を了解している」旨の発信をした。

日本政府の抗議で、この発言は公式ページから削除された。

3000億円発言に東京五輪中止の声も

そもそもだがこのダメージが半端ない状況でも追加で3000億円も費用が要るなら、東京五輪なんて止めたらいいのにと思うのは不謹慎なんだろうか?

東京五輪の3000億円の追加費用があれば、各種のコロナ対策(経済対策も含む)ができるよね、だからもういっそのこと今回の東京五輪は中止でOKだと思う

オリンピックの追加費用3000億円をきっかけに不満が吹き出し始めましたね。 2020年までの夢を見させて貰ったということでオリンピックはもう中止にしても良いような気がしてきました。

東京オリンピックの1年延期による追加費用3000億円? そこまでして東京オリンピックやる必要あるの?こんなものに国民の血税使うの? 親の会社が倒産して学校に行けない子供達が出てきているのに? そんな子供達を救って欲しい! #東京オリンピック #安倍晋三 #新型コロナ

森会長「東京五輪の再延期はない…」

4月28日に森会長が日刊スポーツで語っている。
東京五輪は強行開催か?中止か?

森氏は日刊スポーツのインタビューで、大会が2022年に再延期される可能性があるかとの質問に「ない」と答えた。そして「そのときは中止になる」とした。

森会長の発言は「自身の考え」に基づくものだと報道陣に話した。

「選手のことや大会運営上の問題を考えても2年延ばすことは技術的に困難」と説明し、「来年開催できれば、日本の強さを誇っていい。だから私はそれに命を懸けようと思う」と、並々ならぬ覚悟を示した。

コロナ禍で五輪も変わるらしい

森会長が日刊スポーツで語っている。

東京五輪パラリンピック大会組織委員会は28日、両大会の合同開閉会式を行うプランがあることを明らかにした。

開閉会式の演出は「ほぼ出来上がっていたが、根本的に見直さなければならない」と述べ、ウイルス危機について何らかのメッセージを盛り込む方向で演出チームに再検討を求める意向を明らかにした。

ただし、五輪パラ双方の選手等の滞在場所の確保や、放映権やチケットといった実務的な問題もあり、合同開催は実際には不可能とみられる。

Twitterでは再延期なしに様々な声

1 2