1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北海道は第二波でヤバい。東京も同じように注意した方がいいワケ

北海道に新型コロナの第二波が襲い掛かっています。東京も注意しなければなりません。

更新日: 2020年05月01日

9 お気に入り 42579 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■新型コロナウイルス

「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです

感染すると、20%程度の方は重症化します。息切れ、激しい咳、高熱が続きます。有効な薬はないため、患者さんは耐えるしかありません

■この新型コロナ。米の対策チーム責任者は「第2波の到来」はほぼ確実と明言

米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は30日までに、新型コロナウイルスの「第2波」が年内に起きる可能性について、「個人的にはほぼ確信している」との考えを示した

新型コロナの第二波がインフルエンザと時期を同じくしてやってくるとアメリカ疾病予防管理センター(CDC)は予想

今年下半期に第2波が来れば「それをどのように扱うかによってわれわれの運命が決まるだろう」とした

■北海道では第2波と思われる感染者増が起きている

東京から1週間から2週間遅れた形で患者数の増加が動いている。第2波の非常に大きな波が来ていて、非常に厳しい状態が北海道にある

医療機関での院内感染も止まらず、北海道がんセンターでは27日だけで看護師など4人の感染がわかり、これまでの感染者の集団は65人に広がっています

■色々な第2波がある。今日本で感染が広がっているのは第2波の新型コロナウイルスであるという報道も

国内で現在感染拡大している新型コロナウイルスは欧州や北米から持ち込まれ、このウイルスが全国に拡散した可能性が高い

日本は「中国」「湖北省」「武漢市」をキーワードに絞り込みがしやすかった中国経由の第一波を封じ込めたものの3月中旬以降、欧米経由の第二波の輸入症例が国内で広がっている

「渡航自粛が始まる3月中旬までに海外からの帰国者経由で第2波の流入を許し、数週間のうちに全国各地へ伝播して『渡航歴なし・リンク不明』の患者・無症状病原体保有者が増加した」

感染研のコメントです。

■欧米型を第2波と考えると、秋以降に第3波が日本を襲うという予想も

第3波の襲来である。アフリカや南アメリカなど南半球はこれから冬で、新型コロナウイルスはさらに変異するかもしれない

インフルエンザへの対応に追われる医療現場に新型コロナウイルス感染症の流行が重なれば、負担は今回よりさらに大きくなる恐れがある

■欧米などでは「規制緩和」が叫ばれている

フランスのエドゥアール・フィリップ首相は28日、議会で演説し、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)を5月11日から緩めるとともに、公共交通機関と中学校でのマスク着用を義務付けると述べた

ドイツ政府は、新型コロナウイルス対策の一環として先月導入した商店に対する規制を4月20日から緩和することを検討する方針

イタリアのジュゼッペ・コンテ首相は26日、新型コロナウイルス対策で7週間続けてきた規制を緩和する計画を発表

1 2