1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

公開説教だけじゃない…知られざるナイナイのコンビ愛が深すぎる。

岡村隆史さんの炎上がおさまらない中、相方の矢部さんの公開説教が注目を集めています。しかし、コンビ愛を感じられるエピソードは今回だけじゃないんです…デビュー当時から休養、そして今後は…?一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!

更新日: 2020年05月02日

10 お気に入り 36638 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

知れば知るほど二人を見る目が変わる…他の人には入り込めない熱い絆。

critical_phyさん

▶心に刺さる…ナインティナイン:矢部さんの公開説教が波紋を呼んでいる!

「ナインティナイン」の矢部浩之さんが、4月30日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。相方・岡村隆史さんを“公開説教”し、Twitterでは「コンビ愛」がトレンド入り。

矢部は、これまでちゃんとした恋愛をせず、女性に対して向き合ってこなかったと岡村のプライベートを指摘。この“公開説教”に、リスナーからは「岡村さんの事をよく分かってる矢部っちが、責める訳でもなく気づかせてあげるというコンビ愛」。

「あなたの本質は真面目とか、自己プロデュースも番組プロデュースもあって、いろんな人の力でやってこれたけど、景色を変えたほうがいいと思う」と呼びかけた。

『今日はいい機会もらった。公開説教しよ思って言わせてもらう。(岡村さんは)本番でしか(俺に)謝らんよね。人いるとこでは謝るのにオフではまぁ謝らんよね。もうサッカー部の後輩とちゃうねん、あんたと俺は。出会ったのはサッカーの先輩後輩やけど』 登場してすぐこれ…やべっちしか言えんな…#99ann

芸人さんて不祥事や失態を笑いに変えてしまえるの、強みではあるけど「逃げ」でもあるよなぁとずっと感じていたので今回大御所コンビがしっかりと向き合ってくれたのはとても好感が持てる。 相方がイジるのではなく、諭す。これが本来あるべき姿なんだと思った。 #公開説教

矢部っち出てきた。 ほんま公開説教してください! すごいね。 ありがとう。 泣けてくる。 私はオールナイトニッポンは変わらず聴きます。 なので、続けてください。 #岡村隆史のANN pic.twitter.com/vlXif00QpY

▶コメントの中でも触れられた岡村さんの休養…誰よりも早く変化に気付いたのは?

当時は「自分だけ…自分が頑張らなって思ってた」と、何もかも1人で背負い込んでしまっていたという。次第に「やる気も出えへんし、楽しくもない。どうやってたっけ?って…」と気持ちが落ち込み始め、2010年には体調不良を理由に5カ月間芸能活動を休止。

財布の中のお金を見せて(十分な収入があるのに)「俺、お金ないねん。どうしたらええやろ」と騒ぎ始めたという。この光景を目の当たりにした矢部は、岡村の仕事の継続は困難と判断。フジテレビでスタッフも見守る中、矢部が岡村に「休みましょう」と休養を勧めた。

「帰ってくるのを信じていた」っていうのはこそばゆいんですけど、僕の性格的にどこかで「大丈夫やろ」っていうのがあって。結果的に5ヶ月で復帰したけど、1年くらい一人でやっても良かったかな(笑)。

過去にはこんなコメント…相方への深い思いが伝わってきます。

矢部はやさしいな。 岡村が鬱になったとき、まっさきに休養とらせようと動いたし、岡村の帰ってくる場所も守ったし、今回もえぐいくらいの説教くらわしてる。

岡村さんは矢部っちが相方でホントに良かったね。鬱のときも異変に気付いて休養を提案したのは矢部っちだし

矢部さんも岡村さんの休養中ANNで東野さんに、「(岡村さんが戻って来なかったら)ピンでやっていったらええやん」と言われた時、「僕は岡村おらんとダメなんですよ」って即答してくれたからね。あの言葉は嬉しかった。 あの休養で、矢部さんはそんなにコンビ愛が強いんだと知れた事はよかった

▶この背景には様々な思いが…若者は知らないナイナイのデビュー秘話とは?

1990年結成。元々同じ高校のサッカー部で先輩と後輩の関係だった二人だったが、矢部が岡村を誘ってNSC(吉本芸能学院)に入ったことをきっかけに結成した。

当時は国家公務員を目指していた岡村だったが、それは「安定した職についてほしい」という父・治雄の勧めによるものであった。矢部の誘いをきっかけに「俺は親父の敷いたレールの上を歩いていただけやった」(岡村談)と思い直し、お笑いへの方向転換。

人気が出始めた頃の岡村は、ゴールデンタイムの番組はすべて断っていた。『まだ早いと思う。今の俺たちにゴールデンをまわせる実力もないし、飽きられて一発屋で終わってしまう』というのが口癖。

ナイナイにおいて必要だったのは、実は下積み時代の苦楽を共にした仲間なんじゃないかな?早熟で飛ぶ取り落とす勢いで東京でデビューしてしまって実は本音を言える仲間がいないんだと思う。それが岡村を孤立させてしまった大きな原因だと思う。ただ、矢部と言う太く大きな相方がいて良かった

岡村さんがパッカーンした時も 今回も矢部氏は自分がこの世界に誘ったからって言うじゃん。 だから何かあるたびに責任を感じてるんだと思うけど岡村さんは誘った矢部氏を責めたりはしてないと思うんだよね。 #99ann

矢部「この仕事でなにかあったとき、俺が誘ったというのはでかい(責任が)。」 岡村「誘ってもらったことについてはありがたいと思ってる。」 #99ann

▶楽屋を別々にした理由も明かされました…相方を嫌いになりたくない思いに共感の声。

テレビで岡村復帰を目にし、思わず涙を流した視聴者も多い。冠番組では岡村の代打を立てず、時に矢部自身が岡村のピンチヒッターとしてレギュラー番組に客演し、“ちっさいオッサン”の帰りを待っていた矢部。

「なんかオフのところが大事ちゃうかなと思うのよね。そういうところ見たくなくて距離取ったところがあるのよね」と、楽屋を別々にしてもらったと明かした。岡村は「俺はそれに気づいてなくて、ただ楽屋が別になったと思った」と答えた。

矢部浩之さんは「楽屋一緒で向かい合ってたら、朝会った時からおもろいんです。本番で顔合わしたほうが新鮮で楽しくできるなってところから始まったんです」とその理由を話す。

矢部氏「俺がアンタと楽屋を別にしてもらったのは、(岡村隆史に)飽きるのが怖かった。嫌いになるのが怖かった」 #岡村隆史ANN

1 2