1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怖い…コロナ対策「次亜塩素ナトリウム」の取り扱いに注意喚起

新型コロナウイルスの予防として使われている「次亜塩素ナトリウム」に対して注意喚起がなされています。

更新日: 2020年05月02日

28 お気に入り 75326 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■消毒薬が不足している

マスクと消毒液は2月?からずーっと売ってなくてアトマイザーもどこにもない。 最近はハンドソープも売ってない そのうち固形石鹸とかもなくなっちゃうのかな

昨日買ったアルコール消毒液、お一人様1つなのに、複数注文できたんだけど、今日になってキャンセルのメールが来ました、、、。やっぱり欲張っちゃダメですね。どこかにアルコール消毒液売ってないかなあ。

■なので、その解消のために厚労省がある対策法を

新型コロナウィルス(COVIT19)の除菌対策専用に作りました厚生労働省が推奨する次亜塩素酸ナトリウム濃度0.1%(1000ppm)

次亜塩素酸ナトリウム液の作り方は、厚生労働省のホームページにメーカー別の作り方の例が掲載されている

次亜塩素酸ナトリウム液は、塩素系漂白剤等を希釈して作ります。次亜塩素酸ナトリウム液は使い方を間違えると効果がなくなるだけでなく、思わぬ事故につながる

■この次亜塩素ナトリウム。使い方を誤ると事故につながることがあるという

「次亜塩素酸ナトリウム」について、専門家は、室内空間に霧吹きなどで散布する方法は人体への影響を否定できないとして、注意を呼びかけています

次亜塩素酸ナトリウムを含む「ハイター」や「キッチンハイター」は、塩素系漂白剤であり、「非常にアルカリ性が高い製品」

■原液の取り扱いには十分な注意が必要

目に入ったら大変ですし、直接触れると皮膚に炎症を起こします。そのため、塩素系漂白剤を薄めるときは、十分な換気を行ったうえで、直接手に触れないよう、家事用手袋をする

飲み込んだ場合は、口の中、のどから胃のあたりまでただれて痛くなり、ついには物を飲み込めなくなる恐れがあります。吐き気や嘔吐も起こします。原液や濃厚なものが眼に入ると、ひどい場合は失明する

直接皮膚に吹きかけたりスプレーで部屋を除菌したりすることは非常に危険な行為ですので、絶対に止めましょう

■薄めたものでは危険

室内空間に霧吹きやスプレーで散布する方法については、「濃度が低かったとしても消毒効果のある液体を長時間吸い込み続けると、人体に影響を与える可能性が否定できない」

そのため、加湿器やスプレー容器に入れ直しての使用は「大変危険ですので、おやめください」と告げている

加湿器などで霧状に噴霧された希釈液を吸い込むと、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると失明のおそれもあります。また、機器の動作不良や故障の原因になる場合も

■ネット上でも注意喚起がなされている

似たような名前でも、使用方法に気を付けないと我が身が危険な目に合うのね! 消毒に使う“次亜塩素酸ナトリウム” 使用方法に注意を (NHK NEWS) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-nhkne… #linenews @news_line_meから

いい加減ハイター(次亜塩素酸ナトリウム)を空気中に散布するのやめろ! わけ分らんくて危険な橋渡るくらいなら、中性洗剤を薄めたもので拭きとり清掃するほうが安心だぞ。 洗剤の界面活性剤もコロナウィルス除菌には有効だから。 gankohompo.com/blog/693.html

うちのマンションの管理会社が、消毒の方法を掲示してくれたのですが、 『次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイター)を薄めて噴霧もしくは布でふきあげ‥‥‥』 次亜塩素酸ナトリウムは噴霧したら吸い込み呼吸器に入る危険性があるからやめてー。 管理人さんには危険性を説明しました。

1 2