1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ガンジス川が透明に... コロナで美しくなった世界の風景

ロックダウンや外出制限の影響もあってか、様々な地域で環境改善が報告されています。コロナの影響の裏でこのようなニュースがあることは嬉しいですね。

更新日: 2020年05月02日

87 お気に入り 461013 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amasayaさん

コロナの感染拡大の裏で思わぬ影響が...

インドリシュケシュ。訪れたことあるひとは衝撃だと思います。ラクシュマンジュラのガンジス川。こんな透明で美しいガンジス川見たことない。 あのガンジス川ですよ!! #stayhome の影響半端ない… pic.twitter.com/gl0DHFf5fN

@ryusaiogushi え?? あのガンジス川ですか????!!!! 綺麗すぎます!!

すげええええ!!!! あのガンジス川が!? このコロナで経済活動とか停滞して、外出もできなくなってるけど、環境は明らかによくなってるって、なんか皮肉だね。 https://t.co/JyVRXtk35R

インドのガンジス川が透明になっていると話題

コロナの影響でガンジス川の水が透明になってんの面白いな

同じくインドでは30年ぶりにヒマラヤ山脈が見れると話題になりましたよね

コロナのロックダウンによって汚染レベルが下がった影響で、30年ぶりにインドのヒマラヤ山脈の頂上が200kmの距離から見られる様になったんやって!そしてそれをレオナルド・ディカプリオのインスタで知る私 pic.twitter.com/gbNKJK3sRI

インド北部から数十年ぶりにヒマラヤ眺望、新型コロナ対策で大気汚染改善 cnn.co.jp/world/35152184… ロックダウンでインド全土の大気汚染が大幅に改善。PM10は約半減。200キロ離れたヒマラヤ山脈が見えるのは30年ぶりだそう。日本だと富士山が見えるみたいな感じだろうか。2枚目は富士山から200キロ。 pic.twitter.com/5j9hdxNZUL

In Zeiten von Corona wirkt sich der #shutdown der Industrie häufig positiv auf die #Luftqualität aus. In Regionen Pakistans und Indiens ist dadurch ein Blick auf den #Himalaya frei geworden, wie es ihn schon Jahrzehnte nicht mehr gab: uwr.de/de/a/nach-30-j… pic.twitter.com/clXaeAlvNj

遠く離れたヒマラヤ山脈がくっきり見えるほどパンジャーブ州の大気汚染が改善したのは、新型コロナウイルス対策としてインドで全国的なロックダウンが行われたことが理由とみられています。

「インドのロックダウンのおかげで大気汚染が晴れ、ほぼ30年ぶりにヒマラヤ山脈がはっきり見える。素晴らしい」という書き込みもあった。

汚染が世界で最も深刻な都市として名指しされることの多いインドのニューデリーでは、3月23日~4月13日のPM2.5濃度が昨年より60%も低下。

観光客の減少でベネチアの運河も綺麗に。

ロックダウン中のベネチアでは、モーターボートの使用がなくなり、観光客が急減したことで、ベネチアの運河が綺麗に! あまりに綺麗になったので、普段はいないはずの白鳥や魚の姿が見られているそう。bitly.com/2UWLICW pic.twitter.com/qAwOCNTCjn

コロナの経済低下でCO2濃度が低下してることやベネチアの運河が観光客の減少で透明で綺麗な水になって魚が集ってる️ 地球にとってのウイルスは人間か… pic.twitter.com/wfxkzpJKl3

新型コロナによるイタリアのロックダウンで、ベネチアの水質が劇的に改善。魚が見えるまでになっていて地球の治癒力すごいけど、コロナ騒動収束後、速やかに元通りに汚れると思うと、そんなに喜んでもいられない。abcn.ws/3a131sB pic.twitter.com/3Te0mqhKeL

ベネチアの運河の水は通常、底にたまった泥がモーターボートで巻き上げられたり、観光客の捨てたポリ袋やごみが浮かんでいたりと汚染された状態だが、移動制限により劇的な効果が出ている。

イタリア人のモニカ・ラローサ(Monica La Rosa)さんは同サイト上に「自宅にとどまろう。そうすれば自然はあなたに感謝する」とコメントした。

諸外国で大気汚染の改善が報告されている

今年の花粉が少ないのか 中国からの黄砂&有害物質があまり飛んでこなかったからか。 中国だけじゃなくて世界中で空気が綺麗になってる。 コロナ… pic.twitter.com/a1QpRD79cK

世界の都市で新型コロナウイルス感染拡大を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)措置により、大気汚染がかつてないほど軽減したとする新たな報告書が発表された。

新型コロナウイルス対策としてのロックダウン(都市封鎖)や経済活動の縮小が、大気汚染の改善や二酸化炭素(CO2)排出量の減少といった環境へのプラス効果をもたらしている。

先月にNASA(米航空宇宙局)が観測したデータによりますと、ニューヨーク州などアメリカ北東部で大気の状態が2005年以来、最もきれいだったということです。

中国は大気汚染物質の濃度が劇的に改善

コロナウイルスの発生によって中国の人々が家に引きこもり、工場の閉鎖も余儀なくされている中、NASAの汚染監視衛星によって撮影された衛星画像。中国大陸の大気汚染が解消された結果を示す1月と2月の驚くべき差 pic.twitter.com/7OQMTcfX9M

1 2