1. まとめトップ

【高1生必見】高1英語~時制~の学習ポイントまとめ【オリジナル問題付】

心のどこかで「勉強しなくてもいいのかな…」と思っている高校生のあなた。英語の勉強していきませんか?高校英語「時制」のポイントは4つだけ。10分でできる「読む勉強」で、少しだけ自学自習をしませんか?オリジナル問題と参考サイトを盛り込んだ記事です。

更新日: 2020年05月02日

2 お気に入り 704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

出るトコだけなら自分で学習できる!休校解除を見据えて自学自習で学習を先取りしておきましょう。高校英語専任の元塾講師による、学習ポイントと参考になるサイトのご紹介です。

abc364さん

時制とは?

時を表す表現のこと。日本語で言えば「私は学生『です』」「私は学生『でした』」というように、語尾に現れることが多いですが、英語では動詞を活用して表現します。
例) I 『am』 a student. ⇔ I 『was』 a student.

ポイント① 現在形は現在のことじゃない!現在形=「昔もこれからも」形

現在形という名前から、現在形は「今~する」を表すと勘違いしがちです。
しかし、現在形のホントの意味は「昔もこれからも~する」なのです。

例①-1 He always takes a taxi to the station.

現在形が現在のことを表すなら、この例文の和訳に苦戦するはず。
「現在のことなのに、[always](いつも)がある…?」

でも、現在形=「昔もこれからも」形であると知っていれば、迷いませんね。
この例文は「彼はいつもタクシーで会社に行っている」と和訳できます。
[takes]という現在形が表しているのは「習慣」、つまり昔から、そしてこれからも行うであろうことなのです。

ポイント② 現在のことだけ表したいなら「現在進行形」!

逆に、今のことだけを表したいときに用いるのが現在進行形[be + ~ing]です。

例②-1 A woman is running over there.

現在進行形になっている[is running]に注目です。
現在進行形は、「今まさに~している」という現在だけに注目したものです。
ですので、和訳は以下のようになります。
「女性が向こうで走っている」

オリジナル問題にチャレンジ!

問 [   ]内の動詞を適切な形にしなさい。

1. 太陽が東から昇ることは、皆知っている。
 Everyone knows the sun (     ) in the east. [ rise ]

2. その問題について、彼女に説明しているところだ。
 I (     ) the matter to her. [explain]

3. 私たちはバスケットボール部に所属している。
 We (     ) to the basuketball club. [ belong ]



1. rises
太陽が東から「昇る」のは、現在に限ったことではない。昔も、これからもそうであることから現在形を用いる。

2. am explaining
「説明しているところ」という現在の行動のみを表したいため現在進行形を用いる。

3. belong ※要注意!ポイント③
「所属している」という和文で判断すると、現在進行形にしたくなる。
ただし、部活動へ「所属する」という行動は、昔から今、そしてこれからも続く行動のため現在形が適切。

ポイント③ 進行形にできない動詞=状態動詞!理解したら暗記してしまおう

オリジナル問題で登場した[belong]のように、進行形[be + ~ing]をとれない動詞が存在します。その動作を「現在のことだけ」と限定することができない動詞がこれにあたります。それらを「状態動詞」と総称します。

高校生のみなさんは、以下の状態動詞だけを暗記してしまいましょう。時制の文法問題はこの中からたいてい出題されます。(ランキングは塾講師時代の経験則より…)

★進行形はダメ!頻出の状態動詞★
①belong to -に所属している
②resemble -に似ている
③「所有」を表す動詞 have / possess / own ※「(手に)持っている」の意味では進行形も○
④consist of  -から成る
⑤「意見・好み」を表す動詞 think / mind / love / hate など

例に挙げたのは10単語ですが、まずはこの10種類を完璧に押さえておきましょう。

ポイント④ 未来のことでも「現在形」!時・条件を表す副詞節?

時制の中で最も差が出るポイントがこちらです。
未来の話をしていても、現在形を用いなければならないルールを理解しましょう。

例④-1 I don't know if John will come home tonight.

例④-2 Let's go out if John comes home tonight.

2つの例文の[if]以降はいずれも未来のことを指しています。それでも例④-2は現在形を用いていますね。それは以下のルールが存在するからです。こちらも頻出を押さえておきましょう。

★時・条件を表す副詞節では、未来のことも現在形で表す★
時を表す副詞節… when※ /until / before / after / as soon as など
条件を表す副詞節… if※ / unless / as long as / as far as など

ポイント④補足 なぜ未来のことでも現在形?[will]に隠されたその理由

そもそも、なぜこのようなルールがあるのか。それは[will]のホントの意味を知ることで理解できます。

本来の[will]の意味は「必ず~する」です。
英語が苦手な人でも知っている、有名なフレーズがありますよね。

I'll be back.

この言葉、雰囲気で理解できる方も多いと思いますが、まさか
「私は、もしかしたら将来、戻ってくるかもしれない…」なんて弱弱しい和訳にはなりません。
本来は「私は『必ず』戻ってくる」という強い意志を表現しています。

[will]はこれほど強固で確実な意思を表すのに対し、
「仮に~したら」「もし~なら」という不確実性を表現する時・条件の副詞節は相性が悪いのです。

オリジナル問題にチャレンジ!

問 [   ]内の動詞を適切な形にしなさい。

1. I want to wait until my father (     ) home. [ come ]

2. It doesn't matter if they (     ) in the homework. [ hand ]

3. My friend Rena will apologize to her family when she (     ) her mistake. [ realize ]



1. comes
[until]から始まるのが時を表す副詞節。
和文:父が家に帰ってくるまで待ちたい。

2. will hand
[if]から始まる節にに着目したい。条件を表す副詞節であれば「もし~なら」と訳したいが、和訳的にも文型的にも異なることが分かる。これは名詞節のため訳出は「~かどうか」。また、副詞節ではないため未来形で表す。
和文:彼らが宿題を提出するかどうかは問題ではない。

3. realizes
[when]から始まるのが時を表す副詞節。
和文:私の友達のレナは、自分の過ちに気づけば家族に謝るだろう。

最後に…

時制のポイントを4つ整理しました。このほかにも「過去形」「完了形」などさまざまな時制があります。ただし、大切なことは「分かる!というポイントを見つけておく」ことです。まずはこの4つのポイントを押さえ、新学期への準備としましょう。

1