1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どうなる中国。武漢研究員の亡命にザワザワしてる件

SNSでは研究員、石正麗氏亡命のニュースにザワザワ。これってどう思いますか…。

更新日: 2020年05月09日

19 お気に入り 102130 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎拡大が続く新型肺炎コロナウイルス

▼中国武漢から世界へ感染が始まったと言われている…

しかし、具体的な発生源については情報が錯綜しており、何が真実なのかは不明です。

▼なんと世界は中国へ賠償責任の準備をしている

中国政府の責任を追及し、損害賠償を求める動きが高まっている。その動きが米国のみならずオーストラリア、イギリス、ドイツ、フランスなどでも顕著となってきた。

既に複数の国は中国に対して、新型コロナウイルスを世界に蔓延させたとして損害賠償を請求する動きを見せています。

▼しかもWHOとの疑惑も噂されています。

米大統領は危機への「対応を誤り」、感染拡大前に中国の状況の深刻さを隠蔽(いんぺい)したとしてWHOを非難している。

▼そんな中、武漢研究員がフランスのアメリカ大使館に亡命とのニュース

石正麗は1990年から武漢ウィルス研究所で研究実習員助手として働いており、2000年以降は研究員に就任している。

@sharenewsjapan1 石正麗。中国国内では、コウモリコロナウイルス研究分野の第一人者で、バットウーマンとの異名を持つ。 2006年、訪問学者としてCSIROの管轄下の豪州疾病予防センター(ACDP)で3カ月の研究活動を行った。研究テーマは「SARSウイルスとコウモリの関係」 #武漢ウイルス研究所 #石正麗 #トランプ大統領 pic.twitter.com/iRnIbUezd1

▼しかも研究書類を持ち込んでいる…証拠となるかも。

新型コロナウィルスの発症が研究所だと判明したら、それこと中国はかなり危うくなるのではないだろうか。

2015年11月9日に発表された石正麗が関与している研究論文を見つけた。当該研究論文は中国馬蹄コウモリで見つかったSARSに似たコロナウイルスの一種(SHC014-CoV)が疾病を引き起こす可能性に関するもの

▼みんなの声もどうなるんだろう。世界が大きく動く証拠か。

1 2