1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

政府より凄い?ジャニーズ事務所の医療機関への支援に様々な声

感染拡大が懸念される #新型コロナウイルス と戦う医療機関への #ジャニーズ 事務所の防護服やマスクの支援が話題に。

更新日: 2020年05月04日

13 お気に入り 28346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼ジャニーズ事務所が医療機関に防護服やマスクを届けた

新型コロナウイルスの感染拡大で、医師などが使う医療用の資材が不足していることを受けて、ジャニーズ事務所は医療機関に防護服やマスクなどを届ける支援に乗り出しました。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、医療現場で医師や看護師などが使う防護服やマスクなどの資材の不足が続いていることから、ジャニーズ事務所は、これまで中国で培ってきたつながりを生かして、中国の生産工場で製造された防護服1万枚を買い付け、日本の医療機関に寄付することになりました。

買い付けた防護服は航空機で成田空港に届けられ、事務所を代表して人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀さんが受け取りました。

今後、ジャニーズ事務所では、防護服3万3000枚、マスク50万枚、医療用ガウン5万枚などを買い付けて、国内の医療機関に届けることにしています。

▼ジャニーズ事務所は先月末からこうした医療物資の提供を始めており、届いたという声も

ジャニーズは先月末から順次、医療物資の提供を始めている。今回は、嵐が2010年からイメージキャラクターを務める日本航空(JAL)が活動に賛同して輸送を無償で協力。

本拠地附属病院にジャニーズ事務所から防護服1000枚とマスク3600枚が届いたと…すごいな pic.twitter.com/SojSOt4w32

当初、ジャニーズは総額8000万円をかけて医療用マスク30万枚、抗菌マスク20万枚の計50万枚と防護服3万3000枚を寄付するとしたが、新たに三層マスク23万枚、今月中旬からアイソレーションガウン(簡易予防衣)5万枚を追加すると発表。提供物資の総額は3億3000万円に達した。

ジャニーズ前社長のジャニー喜多川さん(享年87)が闘病生活を送った日本赤十字社医療センターを始めとする医療機関に届けられる。

中国で生産され、船便で国内に届いた防護服や医療用&三層マスクのほか、国内のアパレル工場生産の抗菌マスクは、すでに4月末から順次配送中。配送にはジャニーズがコンサート機材を運ぶトラックを活用するなど、総動員で医療の現場をサポートしている。

昨日、友だちが働いている病院にジャニーズ事務所から防護服とマスクが大量に届いたそうで、友だちが本当に喜んでいる。他にも寄付はあるけど量が多いし防護服は初めてだそうだ。現場に役立って喜ばれてるって嬉しいな。発表から実際に届くまでが本当に速いよね。どうして国がこれをできないかな。

私の勤めている大学病院にジャニーズ事務所からマスクとガウンが届きました。本当にありがとうございます。 #SmileUpProject

うち医療機関で働いてるんだけど 今日いきなりジャニーズ事務所から電話かかってきて思わずえっ?っておっきな声で叫んじゃって恥ずかしかったwwwwwww Smile Up ! Projectのマスク寄付だった まじで焦ったんだけど

わたしの職場にもジャニーズ事務所からマスク届きました 温かいメッセージもありがとうございます 本当に本当に嬉しい(;_;) またこれから頑張れます…!温かい支援に感謝です。 #SmileUpProject #K_T_T pic.twitter.com/rtmEoERuKW

4月28日、ジャニーズ事務所「Smile Up! Project」様から、当院の医療スタッフ宛てに、という素敵なメッセージとともに、防護服1,000枚とマスク3,600枚が届きました。ありがとうございました。大切に使用させていただきます!

・医療従事者への応援も話題になりました

関ジャニ∞が出演する動画「Smile Up! Project ~For Heroes~ 関ジャニ∞」がジャニーズ事務所のYouTube公式チャンネルで公開された。

この動画はジャニーズ事務所による新型コロナウイルス感染拡大を受けての社会貢献プロジェクト「Johnny's Smile Up! Project」の一環としてアップされたもの。関ジャニ∞は医療現場で働く人々へのエールを込め、大倉忠義の主演ドラマ「Dr.DMAT」の主題歌にもなった2014年1月発売のシングル曲「ひびき」をリモート形式で歌唱している。

・チャリティイベント「嵐のワクワク学校」もスタートしている

ジャニーズは、ジャニーさんが生前から取り組んだ社会貢献活動「SmileUp!Project」を積極的に展開。新たな有料映像配信サービス「Johnny’Snetオンライン」の第1弾として、嵐のチャリティー授業イベント「嵐のワクワク学校」の先行配信が2日からスタートした。

嵐は昨年終了したチャリティーイベント「嵐のワクワク学校」をオンラインで“緊急開校”し、視聴の収益を医療従事者の支援活動に役立てる。

同イベントの収益による累計支援金は昨年まで9年間で20億円を超える。今回の有料配信(会員視聴券1500円、一般視聴券2000円)の収益も医療支援などに充てられる。

▼ジャニーズ事務所の医療機関への支援がTwitterで話題に

ジャニーズくん、防護服とマスク配るって発表して「どこで買い占めてんだよ」て叩かれてたけど実際はライブ中止になって困ることになったアパレル工場とかに制作お願いして、仕事なくなったライブ機材運搬の業者さんにお仕事として配送してもらってってすごい社会のためにやってて……強い……

ジャニーズ事務所さん、医療現場にツアートラックでマスクや防護服を届けて回ってるの、つよすぎる…配達業者の負担が…とか言ったひとたちを札束で殴っている…… tmd.ac.jp/medhospital/to…

1 2