1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

地域限定で発売…セブンイレブンがビャンビャン麺をテスト販売

セブンイレブンの東京と千葉の一部の店舗でビャンビャン麺をテスト販売している。ビャンビャン麺は中国西安の名物ラーメン。

更新日: 2020年05月04日

9 お気に入り 22323 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

セブンイレブンがビャンビャン麺をテスト販売している

東京と千葉の一部の店舗でビャンビャン麺をテスト販売している。

セブンイレブンのビャンビャン麺。たいへんウマい。写ってませんが、麺はひもかわうどんクラスの太さ。ビャンの字は58画。 pic.twitter.com/Slm9cy1ShH

台東区の雷門一丁目のセブンイレブンで、話題のビャンビャン麺買えたことを謹んでご報告します。 pic.twitter.com/bNR2NxaJXd

完食。味の感想はひとそれぞれだと思いますが、中国では「屋台で食べる軽食」としての麺に慣れてたので、このセブンのビャンビャン麺は値段も味もそれに近い感じで結構満足しました。 pic.twitter.com/LRmDikjEMy

@suisaigagaga 軽食っぽいサイズと味付け、価格設定に好感持てました。

近所のセブンイレブンに「ビャンビャン麺」あったので買ってきたー 日本向けにマイルドな味付けとなっていて幅広うどんの油そばという感じ。辛味もちょい辛くらいなのではじめての人でも抵抗なく食べられそう。 pic.twitter.com/p0g3K2eo0Q

@luomotudou テスト販売らしいので一部地域でしか買えないそうです

@gresalegria 東京:江東・墨田、千葉:柏・北総エリアのみの販売だそうです。

噂のビャンビャン麺を食べている 美味いなこれ ただ本家がわからないけどwww pic.twitter.com/ToLYZijMfr

まさに油泼(ヨウポー)らしくジュワ〜っと熱く沸きつつある、セブンイレブン @711SEJ のビャンビャン麺〜西安風 うま辛香油麺〜 お店で食べるように、表示時間レンチン後はすぐしーっかり全体を混ぜ合わせるのがポイント。カタカナだけでなく激ムズビャン字をメインに据えたこともすばらしい! pic.twitter.com/jhFWwnd9yT

いやぁしかし、ビャンビャン麺がコンビニの棚に並ぶさまは、実に胸熱。 こうしてまたひとつ、食文化が新たに広がり伝わり、浸透してゆくのだなぁ。

【在宅中華】セブンイレブンの「ビャンビャン麺」429円 家の電子レンジ500Wで3分半。溶けたゼラチンだれとよく混ぜると、ピリ辛さの中に酢の酸味も効いている。麺は、生地をビャンビャン圧縮したような芯の強さは弱いものの、もちっとした食感は味わえる。値段も量もお店の半分程度で、おやつ向きか。 pic.twitter.com/KSvqGZ7FTE

【セブンイレブン「ビャンビャン麺」販売店MAP】 オレンジの丼:店名まで確認されたもの グレーのピン:そのエリアの店舗で確認されたが、店名は未確認のもの ※入荷状況は変更される可能性があります。 ※入荷していても売り切れの場合があります。 drive.google.com/open?id=1xk6_Q…

旦那さんと今、セブンイレブンのビャンビャン麺が食べたいね、って話になってる。調べたら、東京の墨田区、江東区と千葉の柏辺り限定なのかな。墨田区ならすぐ行ける!うおー、何でもなかったら車でビャンビャン麺探しの旅に出るのだけれど、ビャンビャン麺探しは不要不急じゃないから、今は我慢我慢

ビャンビャン麺とは?

ビャンビャン麺は中国の陝西省で一般的な幅広の麺。

油泼辣子が麺の上に乗った「油泼面」が、もともと西安の西側に接する咸陽という地域で食べられており、それとビャンビャン麺の相性が大変よく、多くの人々に好まれました。

油泼辣子とは香菜、葱、花椒、肉末などと一緒に味付けし、熱した油をかけた唐辛子のこと。

ビャンビャン麺の名前の由来ですが、これも諸説ありまして、「平たい」という意味の扁の発音から、麺を伸ばして台に打ち付ける時の音、それらが混ざったものなどあって、誰も真実は知りません。

「ビャン」の字は康煕字典などの辞書には載っておらず、最近になって作られた漢字ではないかという説もある。

ビャンビャン麺の表記にしか使用しない。漢字の画数は57画説と58画説がある。

ビャンビャン麺が大ヒットして年末に清水寺の住職がビャンと書く回 pic.twitter.com/LaAk3iBRhc

ビャンビャン麺は西安麺荘『秦唐記』で食べられる

住所:東京都中央区新川1-13-6(本店)
住所:東京都千代田区神田神保町3-2-5

西安麺荘秦唐記のヨウポー麺(ビャンビャン麺)は、野菜の上に唐辛子と山椒をのせて熱い油をかけるのが西安流。香辛料の辛味と黒酢ダレの酸味がたまらない。

日刊ゲンダイ記者もビャンビャン麺の中でもポピュラーとされる「油波麺」を新川の店で食べてみたが、ピリ辛で酸味があり、むしろあっさりした印象だった。

【週替わり麺】4/27〜5/10 ※今回は二週間 一日数量限定 ●新川本店  红烧鸡肉香菇面 900円(画像左) ●神保町店  羊肉烩面 950円(画像右) 宜しくお願い致します。 #手打ち麺 #ラーメン #西安 #ビャンビャン麺 #biangbiang面 #びゃんびゃん麺 #専門店 #お持ち帰り #テイクアウト pic.twitter.com/eZTOFhgCNQ

仕事現場からの帰りに神保町まで行って晩ご飯。油泼麺(ヨウポーメン)と紅油水餃子であったまった。ごちそうさま。まだまだ苦しい時期が続くと思うけど、頑張ってー! #秦唐記 #神保町 #ビャンビャン麺 pic.twitter.com/4lGaAHtKDd

1 2