1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

昨年にはフランスにコロナ患者がいたと発表!トランプ大統領のコロナ原因追及に水を差すのか

昨年から欧州にコロナが!?今年に入ってからだったと思いますが。。。なんか違和感のある報道。昨年からアメリカで大流行していたインフル。これもコロナ?なんて思ってしまいます。今のトランプ大統領の原因追及の動きと併せて見ていきたいですね。

更新日: 2020年05月05日

10 お気に入り 47535 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hanamaronさん

■昨年12月にはフランスでコロナ患者が出ていた

仏パリの病院が昨年末に採取していた入院患者の検体から、新型コロナウイルスが新たに検出された。

フランスで最初の感染例が報告される数週間も前から、新型ウイルスが存在していたことになる。

昨年12月2日から今年1月16日までの間にインフルエンザのような症状で入院し、最終的にインフルとは診断されなかった患者らについて、凍結保存されていた検体を調べた。

その結果、アルジェリア生まれの男性(42)から採取していた検体で新型ウイルス陽性の反応が出た。

男性は長年フランスに住み、魚売りの仕事をしてきた。中国に行ったこともなかった。

これにはSNSで様々な声が

@livedoornews その情報になぜか違和感を感じるのは俺だけか? もしかして中共の武漢ウイルス発生起源のなすりつけ情報操作入ってる? 武漢市「ウイルス研究所」に“中国とフランスの闇”は暴かれるのか? 仏の全面的協力で完成した「P4実験室」が発生源の可能性 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-…

@livedoornews 中国に行っていなくても、中国から来ている人がいるんだから 武漢発を否定する根拠にはならないでしょ

@livedoornews twitter上では去年からおかしい風邪があった、みたいな話は日本でも見るけれどそれかなあ

■一方中国は武漢の最初の患者は12月8日と発表(今年2月の記事)

武漢市当局は最初の肺炎患者が発症したのは去年12月8日だったと発表しました。

武漢市はネット上での質問に答え、初めて確認された新型肺炎患者は陳氏という男性で、去年12月8日に発症したと明らかにしました。

ただ中国政府系の研究機関は、ウイルスは同じ去年12月8日に「広く拡散した」と指摘していた。

早ければ11月下旬にはすでに「ヒトからヒト」へ感染していた可能性があると公表しています。

■また同時期にアメリカで猛威を振るっていたインフルエンザにコロナの疑いも(今年2月末の記事)

一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。

■現在アメリカはコロナ発祥の原因について究明を進めている

アメリカのトランプ大統領は、新型コロナの発生源に関して、中国の武漢にある研究所から広がった可能性があるという認識を明らかにしました。

1 2