1. まとめトップ

【ネタバレ注意】カイドウの息子「ヤマト」を徹底考察【ワンピース伏線】

記事ジャンル:ONE PIECE、わんぴーすねたばれ、ワノ国、やまと【大和】

更新日: 2020年07月01日

2 お気に入り 419049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ワノ国では日本の妖怪、偉人をモチーフにしたキャラが出てくる。ヤマトタケルがいないので、ヤマトの可能性大。あくまで考察なので、参考程度でお願いします。

baseraさん

はじめに…

カイドウの息子で、ルフィを待ち続ける。強さは4皇クラスで、うるティを一撃で倒した。

▼実は女だった

息子ではなく娘。カイドウは跡を継がせるため、ヤマトを男のように育てた。そのためヤマトの口調は男になっている。

ヤマトは扉絵のあの後ろ姿の人でクロッカスにルフィのこと聞いてたら面白いなー

ヤマトが憧れる人物

20年前、花の都を救うため山の神を倒した。そしてロジャー海賊団と共にラフテルに向かう。

ワノ国に戻った後、人々を守るため、バカ殿を演じた。そしてカイドウを後1歩まで追い詰める。

最後は釜茹でに耐え、壮絶な最後を遂げた。カイドウの息子「ヤマト」はおでんの生き様に憧れ、同じ姿をしている。

そしておでんの代わりに、ルフィ【ジョイボーイ】を待ち続けた。おでんの意思を継ぐのは、赤鞘九人男とカイドウの息子。

見た目20歳以上だから 幼き頃 おでんの生き様を見て 尊敬してる可能性ある。

過去の考察

ワノ国のキャラは日本の妖怪、偉人をモチーフにしている。ヤマトタケルをモチーフにしたキャラがいないので、ヤマトだと考察。

ヤマトタケルと九頭龍【カイドウ】は敵同士なので、カイドウとの不仲も納得いく。

▼ヤマトの年齢は
28歳だと考察。20年前は8歳で、モモの助と同じ歳だった。

カイドウが殺さなかったのは、息子と同じ歳だから。ちなみにジャックの年齢は28歳。

ヤマトと同じ歳なので、兄弟分と思われる。

カイドウの息子ヤマト説
・日本の象徴「ヤマトタケル」が出てきていない
・ヤマトタケルは龍を退治する→ルフィと息子が協力してカイドウを倒す

出典ワンピース研究所

ヤマトタケルの敵【九頭龍】について
カイドウとオロチを指している。ヤマタノオロチ【8頭】+カイドウ【1頭】を合わせて九頭

カイドウの息子「ヤマト」を徹底考察

カイドウはビッグマムの事をリンリンと呼んでいる。両方ともロックス海賊団なので、夫婦説も見えてきた。

最初の妻がリンリンだった場合、カタクリが誕生。ロックス海賊団が壊滅した後、それぞれの道に進む。

カイドウは新たな妻と出会い、ヤマトが生まれる。つまりカタクリとヤマトは異母兄弟。

ちなみに片栗粉は昔、ヤマト粉と呼ばれていた。

ヤマトが出ていった理由
・ヤマトはカタクリに会いたがっている

・ビッグマム海賊団が鬼ヶ島に来る

・ヤマトはカタクリに会いにいく

・しかしカタクリはホールケーキアイランドにいた

家族問題って事はカイドウと息子は不仲説が濃厚ですね。虐待とかありそう

光月おでんは破天荒な性格で、人々に慕われていた。そしてカイドウをあと1歩まで追い詰める。最終的に釜茹でになるが、家臣たちにすべてを任せ、豪快な最後を迎えた。

その生き様は、人々の間で語り継がれている。カイドウの息子はおでんに似てるので、おでんの影響を受けた可能性もある。

もしもおでんに憧れていたら、光月の味方になる。

ヤマトは

ヤマトタケルは九頭龍を倒した。ヤマタノオロチに似てるので、オロチを倒すと思われる。

オロチを倒す理由
・自分の憧れのおでんを死に追いやった【父カイドウはおでんを認め殺したので恨んでいない】
・オロチのやり方が気に食わない
・自分の好きなワノ国を荒地にしたから

意外とルフィと気があっちゃったりして

年齢も近いと思いますし、そういう可能性も考えられますよね

既にビッグマムとカイドウの同盟を相手にしなきゃいけない中で、
カイドウの息子まで相手にしたらマジで勝てないだろこれwww

こんな説も出ている

カイドウの息子が平和主義だったらいいな

めっちゃヤンキーでカイドウの言うこと聞かない人とかだったら面白いかも

ヤマトはすでに出ていた?

当初は、キング&クイーンと共に並んでいる事からジャックだと思われたが、現在28歳のジャックは当時8歳。

更にワノ国の過去編にも登場しなかった為、20年前のワノ国には居なかったものと思われる。

であれば、この人物は何者なのか?

もしかすると、この人物がカイドウの言う「ウチの息子」??

ツノもあり、シルエットもカイドウと近いものを感じる。

可能性は十分にありそうだ。

出典https://onepiece-log.com/blog-entry-2172.html

1 2