1. まとめトップ

在宅勤務をチャンスに!あなたの腰痛はどれ? タイプ別の対処法!腰痛対策 正しい椅子の座り方

座って仕事をしているからか、夕方になると腰に鈍い痛みが…。いつの間にか腰をかばって、日常の動作が不便になった…。姿勢が悪い状態で長い時間椅子に座っていると、それだけの時間腰に負担をかけている事になり、慢性的な腰痛の原因となります。

更新日: 2020年05月06日

2 お気に入り 1633 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

実は、解明しきれていない「腰痛」。 まずは4つのタイプを把握

腰痛は、「ときに手術が必要で、原因を特定できる腰痛」と「手術が不要で、原因を特定しづらい腰痛」の2つに大別

ときに手術が必要で、原因を特定できる腰痛 (全腰痛の15%)

手術が不要で、原因を特定しづらい腰痛 (全腰痛の85%)

一般的に腰痛というときは、手術が不要な後者を指します。そこで今回は、この4つのタイプについて解説しましょう。

腰痛の約85%は原因不明

腰痛の約85%は、神経症状(しびれやまひなど)や重い基礎疾患などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしても、どこが痛みの原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」です。

いわゆる腰痛症と呼ばれるものはこれにあたります。

腰への負担を大きくした人類の直立二足歩行

四足で歩く動物とは異なり、直立二足歩行をするように進化したヒトでは、背骨に垂直方向の力が強くかかります。中でも腰には大きな力がかかるため、腰痛は人間特有の症状といえます。
垂直方向の力を分散するために、ヒトの背骨はゆるやかなS字カーブを描くように並んでいて、さらに腹圧(腹腔内の圧力)が腰椎(背骨を構成する腰の部分)を支えています。また、背骨と背骨の間のクッションとなる椎間板や腰を支える筋肉が、姿勢をサポートしています。このような姿勢を保つメカニズムが疲労したりダメージを受けたりすると、腰痛を発症

かがむと痛い? 反ると痛い? あなたの痛みを判別しよう

共通するのは、加齢とともに腰まわりの筋肉や関節が衰え、こわばって柔軟性が失われることが原因

筋性腰痛(10%)

筋肉の使いすぎによって起きるいわば「筋肉痛」で、酷使した場所に炎症が起きた状態

前屈腰痛(40%)

前屈腰痛は、背骨の椎骨と椎骨の間にある「椎間板」に問題があり、物を拾うなど前かがみになったときに、椎間板が圧迫されて痛みが出ます。背筋が弱い人に起きやすく、猫背や前かがみになりがちなデスクワークの人にも多いようです。

この腰痛は、揉みほぐしても良くならないのが特徴です。

のけぞり腰痛(40%)

のけぞり腰痛は、電車のつり革を持つ、洗濯物を干す、赤ちゃんを抱っこするなど反り気味の姿勢を取ったときに、背骨の後ろ側にある椎間関節がぶつかることで痛みが生じます。腹筋が弱いために反り腰になっている人に起きやすく、女性に多く見られます。

この腰痛も、揉みほぐしても改善しません。

女性特有の腰痛

妊娠中は大きくなったおなかを支えるために体の重心が変わり、上体を反らせる姿勢になることが多いため、腰痛が起こりやすくなります。

子宮が大きくなり、骨盤の周りの筋肉(体幹支持筋群)が引っ張られることも、腰痛の原因に

お尻腰痛(10%)

厳密に言うと腰ではなく、お尻近くにある仙骨のつけ根の歪みや炎症が原因で起こります。産後の女性に圧倒的に多い腰痛です。

間違った筋トレは逆効果! 正しいやり方を身につけて

腰痛回復の鉄則は2つ

「①筋肉をほぐして柔軟性を増すためのストレッチ」と

「②筋肉を鍛えて強くするための筋トレ」

硬い大腿四頭筋を正しいストレッチで柔らかくしよう!

そもそも、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)とは?

大腿四頭筋は、ハムストリングや内転筋群と同様に太ももを形成している筋肉群です。筋肉群とは筋肉をまとめた総称のことを指し、大腿四頭筋は【大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋】の4つの筋肉から構成されています。4つをまとめた筋肉の大きさはふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)やお尻の筋肉(大臀筋)を遥かに超え、人体の中でNo.1の体積を誇ります。

大腿四頭筋の役割って?

1 2 3