NASAは昨年6月、製品開発や宣伝を目的とした民間企業によるISSの有償利用、民間の宇宙飛行士のISS滞在などを認めると発表。

出典NASAがISSを民間利用に開放、費用はどのくらい? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

往復にかかる費用は約5800万ドル(約62億円)、滞在は30日間までで、年2回12人程度が参加

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る