民間人受け入れによる収益などでISSの運用コスト削減を図り、24年を目標とする有人月面着陸に注力したい狙いがある。

出典NASAがISSを民間利用に開放、費用はどのくらい? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る