1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

アート復活!全国の美術館「展覧会」が楽しみ

新型コロナ感染拡大に伴う「休業要請」が一部緩和され、再開が始まった全国の美術館「展覧会」。岩手県立美術館、岡山県立美術館、熊本県立美術館、和歌山県立近代美術館、ワタリウム美術館。

更新日: 2020年05月15日

5 お気に入り 15049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『モダンアートニッポン!ウッドワン美術館名品選』(開催中~5月15日、熊本県立美術館)

《☆開館☆のお知らせ》 お待たせしました!ついに、「モダンアート ニッポン!」が5月7日(木)より始まります!!レイコはみなさんに会えることを今か今かと願い続けておりました。来館の際は、マスク着用などのお願いがあります。詳細はHPをご確認ください。展示は5月15日(金)まで! pic.twitter.com/l3DQubHK27

岸田劉生の麗子像のひとつ《毛糸肩掛せる麗子肖像》(1920)や、藤田嗣治の大壁画《大地》(1934)をはじめ、青木繁、藤島武二、横山大観や菱田春草らによる名画が一堂に会する。さらにフィンセント・ファン・ゴッホ《農婦》(1884〜85)、ルノワール《婦人習作》(1895)、《花かごを持つ女》(1895)も特別出品される。

美術館はもちろん❗️ 麗子(レイコ)他の絵画 見た事があるもの多数、ウッドワン美術館は素晴らしい 涙が出るほど美しく素敵な時間でした #モダンアートニッポン #ウッドワン美術館 #名作選 #名品選 #熊本県立美術館 #グッズ #麗子 #くまモン https://t.co/Mqp0UZtKq1 pic.twitter.com/yWc4ROqCxa

昨日から開館した県立美術館の「モダンアート ニッポン!」を観て来ました。検温→消毒→問診票記入→チェックをクリアして入館。会場内は1室に10名程度。十分な感覚を保ってゆっくりじっくり鑑賞。『レイコ』ちゃんのコメントがナイス。#熊本県立美術館 #モダンアートニッポン #ウッドワン美術館 pic.twitter.com/n4V7Sx9QfN

モダンアートニッポン!よかったです。やっと麗子が来てくれて感無量!小さいのにオーラのある絵でした。県職員の皆さん、美術館職員の皆さん、感染症対策お疲れ様でした。マスク用意していただいて、ありがとうございました。#モダンアートニッポン#熊本県立美術館 #岸田劉生 pic.twitter.com/TemwOHr3Fe

◆『常設展』(開催中、岡山県立美術館)

おはようございます☺️ 本日5/7(木)より #岡山県立美術館 は開館を再開いたします。開館時間や休館日は通常通りですが、現在開催中の特別展示「令和おとぎ草子 桃太郎 KAMISHI by 松井えり菜」は7/12(日)まで期間を延長します。 pic.twitter.com/3fADsU1S6C

開催中の美術家松井えり菜さん(倉敷市出身)が制作した昔話「桃太郎」の紙芝居を披露する企画展や、関連する江戸時代の絵巻を並べた常設展示。

【#松井えり菜】 4月10日(金)から #岡山県立美術館 で「令和おとぎ草子 桃太郎 KAMISHI by 松井えり菜」が開催されます。 岡山ゆかりの桃太郎をテーマに、新たなおとぎ草子の世界を感じていただける展示になりました。 ぜひ足をお運びください。 詳細はこちら okayama-kenbi.info/matuimomo-topi/ pic.twitter.com/gxYxaJj69y

仏・カルティエ現代美術財団に作品が収蔵されたことでも話題になった松井えり菜さんの特別展示も延長されたそうです。ほっこりテイストの桃太郎、こころ癒やされそうですね twitter.com/okayama_kenbi/…

数年来のお気に入りの作家さんなので、こんなご時世だけど観てきた! 今なら密集も密接もナシ! メインの桃太郎も巨大ウーパールーパーバルーンも素敵だったけど、真骨頂は独特のタッチで細密に描かれた油絵だよね! 新作の赤ちゃんの産毛の表現が最高! #松井えり菜 #桃太郎 #岡山県立美術館 twitter.com/okayama_kenbi/…

◆『常設展』(開催中~7月26日、岩手県立美術館)

◎おはようございます。今日の盛岡は気持ちのいい快晴ですね。臨時休館が明け、本日より開館いたします。現在は、2階常設展示室にて第1期常設展「特集:Posing―かたちを生む身体」を開催中。所蔵作品の中から、ポーズをする身体を描いた作品をご紹介いたします。ima.or.jp/exhibition/col… pic.twitter.com/Ah8jekTPqd

特集展示では、人間がさまざまにポーズを取った様子を描いた作品を展示。幅広い前衛的な表現に取り組み、人物像にも優れた作品を残した萬鐵五郎、裸婦表現で脚光を浴びた五味清吉、刻々と変化する自身の肉体と向き合い、迫力ある自画像を描いた児玉晃らの作品。

手すり・ドアノブなどの消毒 来館者の体温チェック・健康確認など 【岩手県立美術館・藁谷収(わらがいおさむ)館長】 こう言う状況なので 改めて美術の力を感じてもらえればいい pic.twitter.com/mXdCyDAKhF

地方の美術館再開で嬉しいのは普段露出が少ない館が全国ネットに登場してること。岩手県立美術館再開のニュースでは展示室入り口に松本竣介の自画像がちらり。萬鐵五郎・松本竣介・舟越保武の常設展示を巡った興奮が蘇ってくる。 www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/…

岩手県立美術館めっちゃきれいなかっこいいないつか行こう

◆『もようづくし』(和歌山県立近代美術館)

和歌山県立近代美術館はあす5月8日(金)開館となり、開会延期となっていた企画展「もようづくし」、「コレクション展2020-春/特集 浜地清松」もオープンします。 一足先に、企画展「もようづくし」の会場を少しご紹介します。 momaw.jp/exhibit/moyo20… #momaw #美術館 #再開 pic.twitter.com/KWIZEcW3qL

所蔵品を中心に、県立紀伊風土記の丘、県立博物館、市立博物館、県立自然博物館からの協力も得て、色々な角度から私たちの世界をとりまく模様にアプローチし、美術表現としてのその可能性についても再考します。

企画展ごとに切り口が違うので、お馴染みの作品も毎回違う側面が見られて楽しいです☺️何度も見ていくうち、一見わかりにくい現代アートの見方を深めて行けるようにも思います。行けば行くほど味わい深く、見る力が鍛えられるスルメ美術館〜✨✨和歌山は地味に鑑賞体験に恵まれてるかも twitter.com/enakakioa/stat…

和歌山では博物館・美術館等施設が再開か、これが大きな一歩となってくれればよいが、もちろん感染対策には万全を期していただいて

和歌山県立近代美術館 は、 和歌山城のすぐ近くにある県立美術館です。 県立博物館と並んでいます。 建物は黒川紀章の設計で、建物だけでも一見の価値があります。 詳しいアクセス方法を紹介します hfoeg.jp/archives/38983

◆『変化する自由分子のWORKSHOP』(開催中~6月14日、ワタリウム美術館)

【東京都 イベント情報】「ワタリウム美術館」で『 「変化する自由分子のWORKSHOP」展』が開催されています。~6月14日(日)まで。※4月の特別開館のお知らせ 火・水・木・金曜日(予約制) buff.ly/3cUyhLd pic.twitter.com/bmlv7qkMw6

1 2