1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

Lifedoorさん

全然売ってなかったマスクも...

ここ最近、一箱30枚入りで、500円以下のマスクの話題を聞くようになった。

これは、新型コロナウィルス感染蔓延後には、見かけることが出来なかった価格帯だけに、すぐさまSNSを中心に拡散され現在では売り切れ状態となってしまった。

しかも店頭では飽和状態に...

一時はコロナの影響で急騰していたが

「もともとの相場は1箱50枚入りのもので税込み600円台から700円前後だったのがコロナの感染拡大で急騰。

おまけに、ネットで注文しても届くのは2~3週間後。そうなったのも、中国がマスクの輸出を制限していたからなんです」(大手ドラッグストアチェーン関係者)

話題の在庫速報.comでも下落値がズラリ

在庫速報.comでマスク1枚辺りの単価を見るのが日課になってしまった。 シャープのマスクが販売されて、1枚50円切ってからの値下がりが恐ろしい速さ。 pic.twitter.com/L66jIjpHXc

ついに在庫速報.comでのマスクの最低価格が30円/枚を切りました! ただ、2番目に安い商品は35/枚であること、平均価格の下落はここ3日していないこと、などから一旦30円/枚ぐらいの値段がしばらく続くかもしれません。 zaikosokuho.com/mask/stats pic.twitter.com/DjWHD8E6R9

良心的なトリニティ社の原価マスクの価格表示によれば、マスクの原価は、 50枚入りで税込み2,176円。さらに内訳では、仕入れ価格1,469円と記載してあります。

この値段が29.36円ですので、遂に市場価格は、まさに原価割れになってきたとも言えると思います。

マスク価格の暴落が招く悲劇も

シャープを始めとする、企業では日本製マスクの生産を開始したばかりです。そんな不織布マスクの底値ともいわれている価格が、1枚当たり25円~30円ほどが限界と言われています。

もしも、1枚あたり10円前後のマスクが一般に出回った場合、せっかく稼働し始めた工場の不織布マスクが販売不振になる可能性が非常に高く、早くも赤字リスクの懸念が浮上してしまう事態になってしまいます。

5月9日現在の代表的な例では、シャープのマスクが50枚入り、2980円(税抜き)+送料660円で販売されています。税込みでのトータル金額は、3938円と4000円近く1枚当たり約80円と考えると、かなりの高級マスクに感じられます。

この価格帯のマスクが、6万箱の提供に対して購入応募数が680万人と非常に購入者が殺到していますが、この流れが果たしていつまで続くのか。

店頭に溢れるようになったのは中国の輸出が解禁されたのがきっかけ

世界のマスクの約半分を生産しているとされている中国では、コロナ禍で自国民にマスクが行き渡ることを優先し、3月いっぱいまでは輸出を規制。

4月1日から輸出されました。コロナ前は日本への輸出が多かったため、3月の受注残りもあり、日本にマスクが入ってきました

1 2