1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは怖い....新型コロナ詐欺の絶妙な手口と対策とは?

「特別定額給付金」詐欺に注意!

更新日: 2020年05月13日

4 お気に入り 8033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■今、新型コロナ詐欺が増えています

警察庁は「新型コロナウイルス」に関連した詐欺が、先月27日時点で全国13の都道府県で32件発生し、計3117万円分の被害を確認していると発表した

全国の消費者センターに寄せられたコロナ便乗詐欺についての相談は、すでに1万件を突破している。

・大阪の女性が「特別定額給付金」詐欺に被害にあっていた

なかでも詐欺師が一番注目しているのは、国民に一律で10万円が給付される「特別定額給付金」だという。

女性は12日午前10時半ごろ、市役所職員を名乗る男から「コロナの給付金の手続きをします」と電話を受けた

キャッシュカードの暗証番号を聞き出し、さらに被害者宅を訪れて「カードを作り替える」と、カードをだまし取ったという

・おかしいと思ったら、すぐに相談する

現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることは、絶対にありません

警察庁は不審な電話やメールに注意し、おかしいと思ったら身近な人や警察、自治体などにすぐに相談するよう呼びかけています。

"@Niiza_city: 【給付金をかたった詐欺に注意!!】自宅や職場などに、市や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、市や最寄りの警察署(又は警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください!市が銀行口座番号などの個人情報を聞いたり、ATMのpic.twitter.com/sSjvZ7OsCJ

▼他にも以下のようにコロナ詐欺が増えている

・送り付け商法詐欺

特に政府の布マスク配布に便乗して一方的にマスクを送りつけ、代金の支払いを求めるなどといったケースが相次いでいる

注文していない商品が入った宅配便を受け取ったり、開封したからといって、それだけで売買契約が成立するわけではない

心当たりがない宅配便は拒否すべきだし、家族に確認したいのであれば、いったん受け取りを「保留」にしておくべきだ。

・オレコロナ詐欺

コロナに効く薬が100万円で買えそうなんだけど、100万円援助してもらえないか!」と泣き落とすなど、さまざまなパターンのオレコロナ詐欺が想像できます。

普段からご家族間でこまめに連絡を取り合うことで、実際に犯人が接触を図ってきたときも声のニュアンスの違いや話の内容の矛盾などに気づくことができます。

・電力会社偽装窃盗詐欺

1 2