1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

5月13日 岐阜県飛騨地方と長野県中部で地震が相次ぐ

【地震情報 2020年5月13日】 9時40分頃、岐阜県飛騨地方を震源とする地震がありました。震源の深さは約10km、地震の規模はM4.5、最大震度2を長野県、岐阜県で観測しています。この地震による津波の心配はありません。 pic.twitter.com/dJM3eY3hkU

【地震情報 2020年5月13日】 10時28分頃、岐阜県飛騨地方を震源とする地震がありました。震源の深さは約10km、地震の規模はM4.6、最大震度3を岐阜県で観測しています。この地震による津波の心配はありません。 pic.twitter.com/ldaTS6z9h7

気象台によりますと、長野・岐阜両県で
「震度1以上」を観測した一連の地震は、
けさから12回発生していて、先月22日以降、
87回となりました。5月に入って回数は減っていましたが、
気象台は再び「やや活発化」し、
今後も続く恐れがあると注意を呼びかけています。

地震の震源地はほとんど同じ

あら岐阜の方でまた群発地震起きてるのって震源全部同じポイントじゃん何これこっっっわ pic.twitter.com/T0ssMUcbCH

岐阜県飛騨と長野県の群発地震… ここが揺れると東北にデカイのが来る可能性 311 の東日本大震災前と酷似 pic.twitter.com/B1KAcuAfWX

長野県中部、岐阜県飛騨地方で地震が多発していますね…… いつ大きな揺れが来ても大丈夫なよう、準備をしておくといいですね pic.twitter.com/t1M8RMfalZ

穂高岳を挟んで地震が群発しています。かつて何度も群発地震が起きている地域です。火山活動や糸魚川静岡構造線の活動とも関連しますので要注意です。 pic.twitter.com/4m3jTgBePQ

地震発生の数分前から地鳴りの報告も上がっている

地震の振動が音として
聞こえる現象をいいます。
つまり、地鳴りは地震そのもので、
地中から伝わってきた地面の細かな振動が
空気や体に伝わって音として聞こえる。
地鳴りが聞こえたあと、
数秒~数十秒の間に地震が来ることが多い

引用元:http://goo.gl/Xkn9S7

P波とは
第一波といわれ
地震発生時の最初に到達する地震波で、
初期微動を起こすものです。
進行方向に平行に振動し
固体・液体・気体に伝わります。
~S波とは~
第二波といわれ
主要動と呼ばれる大きな揺れを起こすものです。
進行方向と直角に振動し固体に伝わります。
最初にくる小刻みな縦揺れが
いわゆるP波であり地鳴りとして聞こえる。
その後に大きな横揺れであるS波が
起こります。
地震の予知で利用されている
緊急地震速報は、
この「地鳴り」の原理を利用しています。

引用元:http://goo.gl/Yf3Nu5

1