1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

コロナショック。次々と発表される企業の赤字業績が衝撃すぎた

決算にて今季の業績予想が発表されていますが、その内容がヤバすぎて…。

更新日: 2020年05月13日

7 お気に入り 35207 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■トヨタは今期業績予想が「8割減」と発表

売上高(営業収益)は前期比19.8%減の24兆円、営業利益は同79.5%減の5000億円を見込む。当期純利益などについては未定

2021年の前半にかけて前年並みに戻ると予想するが、新型コロナウイルスの影響は深刻であり、当面は弱い動きが続くと見込まれる。営業収益と営業利益はこの前提で予想

■この業績予想は衝撃だ

トヨタ自動車の今期の営業利益は前年比8割減の5000億円となりそう。世界一コスト管理が厳格なトヨタでこの落ち込み。日本だけでなく世界の企業の先行き見通しはまだまだ甘いことになる。

8割減はインパクトがあるな。大きな会社ほど維持費や固定費もでかいしな。しかしこれは、トヨタだから8割減で済む、という見方をしたほうがいいだろう。 トヨタ、3月期の営業利益予想79.5%減(共同通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-…

トヨタ営業利益8割減とかホントヤバいwうちの会社倒産するんじゃないのw笑えないけど笑うしかないwww

■自動車産業は総じてマイナス予想。マツダも…

マツダを見ると、対前年比81%もの減になってます。つまり新型コロナの前から経営状況が大きく悪化していた

2019年度決算です。

マツダは5月12日、2020年3月期通期(2019年4月1日~2020年3月31日)の連結業績予想を下方修正すると発表した。売上高は3兆4302億円(前回予想比-698億円)、営業利益は436億円(同-164億円)

2020年3月期連結決算の業績予想を下方修正した。純利益は従来予想の430億円を121億円に引き下げた。前期比80・8%減

■そしてホンダは公表を見送った

自動車大手・ホンダは3月期の連結決算で、最終利益が25%余り減少したと発表しました

今期(2021年3月期)の業績予想については「現時点で合理的な算定が困難」(倉石誠司副社長)として、公表は見送った

■お次は「ダイキン」

大手空調機器メーカーの「ダイキン工業」は、新型コロナウイルスの影響で、ことし9月末までの半年間の営業利益が前の年の同じ時期より76%余り減少するという見通しを発表

2021年3月期連結決算の業績予想は、売上高が前期比8・6%減の2兆3300億円、純利益が41・4%減の1千億円と減収減益を見込んだ

新型コロナウイルスについては、上期まで影響が出るケースを想定し計画を作成した

■西部HDも冴えない

西武ホールディングスは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ことし3月までの1年間の業績予想を下方修正し、最終的な利益がこれまでの予想より88%減

直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比3.8%減の138億円に減り、売上営業利益率は前年同期の12.1%→11.4%に低下

鉄道の利用者が大幅に落ち込んでいることに加え、運営するホテルの大部分で休業が続いたこと、それに「としまえん」や「西武園ゆうえんち」といったレジャー施設を休園としたことが要因

1 2