1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

金田一耕助だけじゃない!「横溝正史」の傑作小説

『金田一耕助』シリーズで知られ、新たに『由利麟太郎』シリーズが連続ドラマ化される、推理小説の巨匠「横溝正史」のおすすめ作品。『真珠郎』、『蝶々殺人事件』、『夜歩く』、『鬼火』、『人形佐七捕物帳』、『獄門島』、『悪魔の手毬唄』。

更新日: 2020年05月16日

6 お気に入り 1351 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『蝶々殺人事件』

原さくら歌劇団の主宰者である原さくらが「蝶々夫人」の大阪公演を前に突然、姿を消した……。数日後、数多くの艶聞をまきちらし文字どおりプリマドンナとして君臨していたさくらの死体はバラと砂と共にコントラバスの中から発見された!

『蝶々殺人事件』横溝正史 #読了 読んで損なし!!本格ミステリー。 様々なトリックが散りばめられ最後に大きなトリックが明かされる。読者への挑戦状もあり楽しめます。 探偵〈由利麟太郎〉は金田一ほど個性的ではなくシンプル。横溝作品の中でも読みやすく初期の傑作ですね pic.twitter.com/PpAva16s9G

@KadokawaBunko アガサクリスティのあのトリックを本家よりうまく物語に織り込んでるし、エピローグの後味の良さも含めて、「蝶々殺人事件」は横溝正史の長編ベスト10でも上位に入る大傑作です! #横溝正史 #由利先生 #蝶々殺人事件

無類の推理小説 好きだった #坂口安吾#蝶々殺人事件 評 『日本では #横溝正史 が抜群であり、作家としての力量は世界のベストテンに楽にはいりうるものである。 特に「蝶々殺人事件」は傑作 』 『末端に至るまで捌(さば)きが軽妙をきわめて快い』 『日本における推理小説では最も本格的な秀作』 pic.twitter.com/sWWNAdRBj8

◆『真珠郎』

鬼気せまるような美少年「真珠郎」の持つ鋭い刃物がひらめいた!浅間山麓に謎が霧のように渦巻く。無気味な迫力で描く、怪奇ミステリーの最高傑作。

吉川晃司さん主演で、由利麟太郎シリーズがドラマ化されるのか? 由利麟太郎は、横溝正史が生み出した金田一耕助、人形佐七と並ぶ、横溝三大探偵の一人。蝶々殺人事件、真珠郎は、由利麟太郎の傑作。横溝作品でも屈指の傑作です。映像化嬉しいです。 #吉川晃司 #由利麟太郎 ktv.jp/yuri/

「真珠郎」(「新青年」昭和11年10月号~12年2月号発表。角川文庫『真珠郎』/扶桑社文庫『昭和ミステリ秘宝 真珠郎』収載)。言うまでもなく横溝正史戦前の傑作と呼ばれる代表作中の代表作です。

◆『夜歩く』

古神家の令嬢八千代に舞い込んだ「我、近く汝のもとに赴きて結婚せん」という奇妙な手紙と佝僂の写真は陰惨な殺人事件の発端であった。卓抜なトリックで推理小説の限界に挑んだ力作。

夜に散歩をよくするけど、夜に歩くといえば、横溝正史の推理小説に「夜歩く」という傑作がありましてね。

横溝正史『夜歩く』。大傑作だった。個人的横溝ベスト暫定一位。明らかに下敷きにした作品があるけど、奇想の面白さで乗り越えている。映像にしにくいから知名度低いのかな、勿体無い。

夜歩く 横溝正史 『憎悪、貪欲、不倫、迷信、嫉妬と、あらゆるドス黒い要素が、執念ぶかくからみあい、もつれあいながら、それでも辛うじて平衡を保っていたのが、ついに保ちきれなかって爆発したのが世にも凄惨な、あの殺人事件であったといってもいいだろう。』 傑作。最後の一文が最高です。 pic.twitter.com/Jo0eeMjpvC

◆『鬼火』

本格志向、怪奇趣味、耽美的抒情……多彩な横溝ワールドのエッセンスが凝縮された傑作の数々を集成した短篇コレクション。 暗く妖しい情念に彩られた傑作「鬼火」など、全9編。自筆原稿に基づくオリジナル版「鬼火」を併録。

横溝正史ミステリ短篇コレクション第2巻『鬼火』を買う。戦前の横溝作品では一番好きな表題作が収録されている。結核を患い諏訪での療養中、絶対安静の状態で一日に三、四枚ずつ書いた「鬼火」の鬼気迫る文章は、乱歩「陰獣」と双璧ではないかと思う。言うまでもなく「蔵の中」も傑作です。 pic.twitter.com/aySbh9Bhcf

鬼火   横溝正史 #日本怪奇幻想読者クラブ 横溝正史短篇集。「鬼火」は冒頭から幻想的で不気味。血縁の因縁話が人間の深い闇に繋がっている。 肺結核による休筆後の復帰作だけに鬼気迫る情熱と気魄を感じる。 クリスマス気分も吹っ飛ぶ妖艶怪奇な傑作だった✨ 作者自ら「鬼火」以前「鬼火」→ pic.twitter.com/VId9K4J9n3

横溝正史の「横溝正史ミステリ短篇コレクション2 鬼火」を読了。第一巻に収められた最初期の作品から格段にクオリティが上っていますね。中でも二つのバージョンを収録した表題作は、男女三人の病的で頽廃的な愛憎劇が鬼気迫る傑作で、湖畔の草庵で粋人の話に耳を傾けるという語り口も味わい深いです。

◆『人形佐七捕物帳』

神田・お玉が池に住む岡っ引きの人形佐七が江戸でおきたあらゆる事件を解き明かす! 横溝正史の傑作捕物帳全作品から厳選。冴えた謎解き、泣ける人情話……初めての読者にも読みやすい7編。

横溝正史「人形佐七捕物帳 新装版」読了。戦前・戦中を経て昭和40年代まで書き続けられた、金田一耕助シリーズと並ぶ著者の代表作にして五大捕物帳のひとつに数えられる「人形佐七捕物帳」の傑作選。

#読書メモm_i 横溝正史『人形佐七捕物帳傑作選』読了。 江戸っ子口調(なのかな?)文章のリズムが小気味良くて楽しい。 キャラクターも個性的。辰と豆六のコンビは漫才師みたいだw

1 2