1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Lifedoorさん

次々と営業再開している「パチンコ店」

緊急事態宣言が5月31日まで延長され、“パチンコ抗争”も再燃している。

しかも再開してすぐに長蛇の列に

5月9日は土曜日とあって午前9時半から、大阪府内のパチンコ店入口には行列ができた。

開店までに30分以上あるが、「間隔あけてお並びください」と警備員が声を上げる中、店には客が続々と集まり、いつの間にか長蛇の列。

連日報道されるパチンコ問題で

世間からの風当たりはやはり強い..

パチンコ屋に行列していた人たち。彼らはおそらく給付金10万をパチンコですってしまうんだろう。と想像する。

コロナが落ち着いてきた時に10万配布して馬鹿なパチンコ民はパチンコ行くんやろなぁ。そんで第二波

解除正式決定 給付された10万握りしめたパチンカスがパチンコ屋でクラスター発生させる未来

@su_____ga_ 自粛せずにパチンコ行ってる人に10万あげなくていいわw

10万円がギャンブルで溶かされる...

さらに世帯主の口座に振り込まれるひとり当たり10万円の給付金について、依存症の人の家族からは「ギャンブルにつぎ込み、症状を悪化させるのではないか」といった相談も寄せられているということです。

「依存症の人は、現金を目にすると、おさえが効かなくなる特有の精神状態に陥る」として給付を受ける前に、使いみちを家族で話し合うことや家族がキャッシュカードや通帳を預かること、自治体や民間の窓口に相談することなど対策を呼びかけています。

とある男性客の証言では...

10万円の給付金をもうすぐもらえるので今のうちにどのパチンコ屋の台がええか、チェックしておきたいとの思いもあるわな。

冷静に考えてみれば...

そもそも閑散期や競合店が出現したりすると出玉率を高くして常連客に還元し、ボーナス時や大型連休で集客できる時に回収するのはパチンコ店経営の常套手段。

地元で打つ店がないため遠方から一見客が殺到するこのタイミングで店が出玉を渋るのは、冷静なパチンコファンなら想像できるはずですが……

ただ負けると分かってても行ってしまうようだ

1 2