1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ?アベノマスクの「不良品検品」作業に8億円もかかるらしい

カビや髪の毛の混入などで問題になっているアベノマスク。その検品作業に8億円もかかるらしいです。

更新日: 2020年05月14日

5 お気に入り 18886 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■アベノマスクの配布が始まっている

17日午前、都内の郵便局でバイクに積まれていたのは、「3つの密を避けましょう!」と書かれたチラシと同封されていたのが、あの2枚の布製マスク

■今のところ届いた地域は限定されている

滋賀県 大津市 コロナで市役所閉鎖! アベノマスクは届かない! 10万円給付金の案内も届かない! 届いたのは固定資産税と軽自動車税! 順番違うのでは

アベノマスクってきてないよね? 東京だけなん? 宣言解除の方針とかゆうてるけど。 #新型コロナウイルス #税金はしっかりとるよね

アベノマスク 届いてる人は都会人。 まだ東京だけ。 それ以外は準備中やて。。

■その理由は「不良品」

およそ200万枚のうち、200枚ほどに、髪の毛の混入やカビの付着などの不良品が見つかった

■この報告によって検品作業が行われている。よって発送が遅れているのだ

厚労省はメーカー側に対し、生産体制の見直しや検品の強化を要請している

不良品が見つかったことを受け、未配布分のマスクを全て回収し、再検品を行うと発表した

■この不良品検品作業に「8億円」もかかることが判明

新型コロナウイルス感染防止のため政府が配布する布マスクの一部で不良品が見つかった問題

厚生労働省は14日、参院厚労委で、自治体から返品された布マスクの検品費用として約8億円かかると明らかにした

現在、国が委託した専門業者が約550人態勢で検品しており、不良品が確認されれば取り除くという

■検品作業が行われているのは「妊婦用のマスク」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄対策として、政府が妊婦向けに配布を始めた布マスク

妊婦向けの布マスクを巡っては、4月30日時点で自治体に配布していた約47万枚のうち約4万7千枚について

↓下に続く

異物混入や汚れなどがあったとして返品されていた。現在、国が委託した専門業者が約550人態勢で検品

1 2