1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これはびっくり…百田尚樹氏が「小説家になろう」にデビューだと!?

百田尚樹氏といえば、平成で一番売れた本を著作された大人気作家です。一度は引退を表明されましたが、なんと今度は「小説家になろう」にデビューして話題になっています。そもそも「小説家になろう」とは一体何でしょうか?様々な声があがっています。

更新日: 2020年05月15日

1 お気に入り 2672 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

一度引退を表明した百田尚樹氏

デビュー作の「永遠の0」はもう後半涙が止まらなすぎて本でこんなに泣くのかと言うくらいに感動した。ここまで人を愛すのかというほどに

小説を書く時に関連する書籍を200~300冊読んで一気に半年くらいで書き上げるそうだ。
書いたら2~3ヶ月は一文字も書かないという。

そんなスタンスだからこそあれほどジャンルの異なる本を出せるのだそうだ。

『作家辞める宣言撤回』も何回もニュースになってるし。ま、ダイエット宣言みたいなもの」と開き直った。

今回はどうでしょうか?

しかし、なんと「小説家になろう」にデビューだと!?

「小説家になろう」に、『永遠の0』『海賊とよばれた男』『フォルトゥナの瞳』などで知られる人気作家の百田尚樹氏が、まさかの新作小説を投稿。

5月6日に公開された『カエルの楽園2020』という作品は、わずか2話の投稿でありながら同サイトの日刊ランキング「その他」部門で圧倒的な1位を獲得(7日正午現在)。

今回の『カエルの楽園2020』は、前作で死んだはずのナパージュのカエルたちが生きているパラレルワールドが舞台。

こちらのナパージュではウシガエルの静かなる侵攻が進みつつあるものの、多くのナパージュのカエルはそのもくろみに気づいていないという状況。

そもそも「小説家になろう」とは?

「小説家になろう」はスマートフォン・パソコン両対応の日本最大級の投稿型小説サイトです。

小説を自由に掲載したり、掲載された小説を無料でお読みいただけます。

宮本武蔵が町道場に入門するようなものだ。

その他、数多くの作者向け、読者向け機能があります。

二次創作サイト「にじファン」も運営していたが2012年7月に閉鎖したため、許可制ながら「小説家になろう」が二次創作の投稿に対応した。

様々な声が…

百田尚樹が結果出せずに撤退して異世界転移と悪役令嬢が上位占めてる「小説家になろう」ってやっぱりやべえ世界だな 大衆小説読んでる層ではなかったらしいと再認識させてくれた pic.twitter.com/qPvHdp8QrQ

1 2