一般的な日本学生支援機構の奨学金の場合、利子がかからない第一種奨学金と、利息が付く第二種奨学金があります。例えば、大学院までの借入金額が780万円の場合、0.5%の金利では総返済金額はおよそ822万円。

卒業後に20年かけて月3万4200円の返済を続けていくことになります。上限となる年利3%の場合には、総返済額は1000万円を超え、月返済額4万3000円が20年続きます。

卒業後に返済を延滞した場合は、年率10%のペナルティが課されます。

さらに長期間延滞した場合、法的な処置が取られ、給与の差し押さえなどが発生することもあります。奨学金も借金ですので、こうして返済が滞ると、いわゆる「ブラックリスト」に載ることになります

出典自己破産における奨学金の処理 - 債務整理相談実績20万件以上 はたの法務事務所

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

困窮した学生・若者をサポートしてくれる機関・制度

コロナの影響でアルバイトを待機、または解雇され収入を絶たれた学生が増えているようです。そのような学生たちを苦境から救う方法をまとめました。

このまとめを見る