1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

岐阜ホームレス死亡事件。傷害致死で1人だけ起訴に落胆の声多数

岐阜市寺田の路上で3月25日に大学生に投石を受けてホームレスの男性が死亡しました。この度、地検の起訴内容が発表されたのですが、その内容にネットから落胆の声が多数上がっています。

更新日: 2020年05月16日

5 お気に入り 21359 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■事件は今年3月に起こった

岐阜市の路上で3月、ホームレスの渡邉哲哉さん=当時(81)=が襲撃されて死亡

男は少年らと共謀して3月25日午前1時35分ごろ、岐阜市の堤防で、渡辺さんに石を投げ付け、約1キロ追い掛けながら石を多数回投げた

うち3人が逃げる渡邉さんを同市寺田の路上まで約900メートルにわたって追い掛け、頭部に強い打撃を加えた

■頭部に土の塊を投げつけた

土の塊を投げたら顔に当たった。(渡邉さんは)弾みで後ろに倒れた。頭から血が出ていた

逃げる渡邉さんを同市寺田の路上まで追い掛け、暴行を加えた。死因は頭を強打されたことによる脳挫傷と急性硬膜下血腫

病院に搬送されたものの、その後死亡した。男性は60代の女性と共に橋の下で暮らしていて、これまでにも様々な嫌がらせを受けていた

■死亡した男性は普段より少年らから嫌がらせを受けていた

ホームレスの男性らは3月中旬以降、事件当日以外にも4回ほど石を投げられる被害に遭い、岐阜北署に相談していた

男性は女性を逃げるように促して犠牲となっており、命からがら生き延びた女性は、少年たちが『今日は許さんぞ』と言っていたと証言

■犯行を行った少年たちはどのような人物なのか?

逮捕された5人は朝日大硬式野球部の元部員や現役部員らで、男女は野球を通じた友人だったとみられる

渡辺さんは3月中旬以降に4回、「石を投げられた」と110番。逮捕された5人を含め、過去の投石には男女10人ほどが関わっていた

「勝手に来て、ホームレスを馬鹿にして、おもちゃ扱いみたいな感じで…渡辺さんをいたぶった。私たちを」(渡辺さんと一緒にいた女性)

■死亡した渡邉さんはどのような人だったのか?

春になると橋の近くには猫が捨てられ、多くが一冬を越せずに死ぬ。渡邉さんは放っておけずに保護していた。事件で渡邉さんと一緒に襲われた女性(68)とは20年近く同じ橋の下で暮らし、その前は岐阜市内の別の橋を転々として住む場所を探していた

橋の下には孤独を抱える人たちが話し相手を求めてやって来た。高齢者住宅になじめない老婦人、人に信用してもらえないと悩む男性―。読書が趣味だった渡邉さんは豊かな知識でどんな話にも応じ「おじさんと話していると勉強になる」と驚かせた

■この事件の起訴が行われた

殺人の疑いで逮捕されたのは、安八郡安八町の会社員少年、大垣市の無職少年、瑞穂市の無職少年。傷害致死の疑いで逮捕されたのは、瑞穂市の少年、山県市の少年

少年5人が逮捕された事件で、岐阜地検は15日、殺人容疑で逮捕された3人のうち、瑞穂市の無職の男(20)=犯行当時19歳=を傷害致死罪で起訴した

19歳の少年2人を傷害致死容疑で岐阜家裁に送致した。傷害致死容疑で逮捕された朝日大の19歳の男子大学生2人は不起訴処分

1 2