1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Lifedoorさん

Apple Watchでコロナ感染予測!?

Apple Watchやウェアラブル機器は健康管理や心臓病などの予防に貢献していますが、果たして新型コロナウイルス感染を検出できるのか?

米スタンフォード大学が、Apple Watchなどのウェアラブルデバイスを使って、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染を予測できるかどうかの研究に着手しました。

感染予測の目標は専用の機器はなしで使える事

ウェアラブルデバイスが収集するデータから、新型コロナ感染をできることなら症状が出る前段階で検知できないか調べるのがこの研究の目的だ。

専用の機器は使わず、Apple WatchやFitbitなど普段身につけるウェアラブルデバイスのみの活用となる。

必然的に使用されるデータは心拍や運動量、睡眠といったものになが、具体的にどのデータをどのように分析するかについては公開されていない。

条件を満たしていれば、研究に参加できる!?

今回の研究では、AppleWatchを持っていて、以下の条件を満たしていれば研究に参加できるようです。

その条件とは

・コロナウイルスへの感染が確認された、又は感染した疑いがある。
・コロナウイルスへの感染が確認された、又は感染した疑いがある人と濃厚接触した。
・感染のリスクが高い場所で活動されている方(医療従事者や人が集まる場所など)

毎日報告するのは少し大変かもしれませんが、この研究はこれからの人類が生存していく上でも重要な研究の一つになりますので、是非参加できる方はいかがでしょうか。

どのような予測をするのか?

iPhoneやAndroidデバイスはBluetoothを通じて感染者と濃厚接触した可能性ある人たちの検出および通知に活用されていますが、今回の試みはそれとは別もの。

Apple WatchやFitbitなどのウェアラブル機器により心拍数、皮膚温、血中酸素飽和度などのデータを収集し、発症する前に予測することを狙うものです。

しかし...

開発にはまだ数年かかるようだ。。

今回の調査は最長2年間実施されますが、第1段階は数週間で完了させることが目指されているとのこと。

ちなみに、次の第2段階は「病気になったことを知らせるパーソナルダッシュボード」を開発することと述べられています。

まだまだ先の話だがApple Watchでコロナの発症予測が可能となる日が来るのかもしれません。

今のところ対象は米国のみで、実際にウェアラブル機器からのデータで発症が予測できるのか、できたとして正式展開はいつかは不明です。

が、早期に実現すれば、米国で新型コロナの治療薬として承認されたレムデシビルが日本でも異例の早さで承認されたように、わが国でも「Apple Watchで新型コロナの発症予測」が可能となる日が来るのかもしれません。

"Stay Home"な生活で運動不足を防ぐには

Apple Watchの機能が便利です!!

1 2