1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

YUR1_4kさん

年収とは?

一般的に「年収」とは、社会保険料や源泉所得税、その他の控除(住民税や積立金など)が引かれる前の「総支給額」を指します。

業界別!年収が高い企業ランキング

業界別の平均年収は
https://www.ts-hikaku.com/clist/a0/v2s19t0p.html
掲載企業の平均です.

水産・農林業(業界平均547万円)

成長戦略分野として、安倍政権で取りあげられた農林水産業。農業分野では、農業競争力強化支援法が制定されました。最近では、労働力補充策の一環として先端技術を駆使した「スマート農業」が注目を集めています。また、水産分野では、資源管理を強化することはもちろん、成長産業化へ向けた漁業法等の改正が行われています。

・1位 日本水産
平均年収 802万円 ( 下降傾向)
平均年齢 42.5歳
平均勤続年数 16.5年
従業員数 1203人

・2位 マルハニチロ
平均年収 711万円 ( 下降傾向)
平均年齢 41.9歳
平均勤続年数 16.1年
従業員数 1578人

・3位  極洋
平均年収 653万円 ( 下降傾向)
平均年齢 39.6歳
平均勤続年数 15.3年
従業員数 664人

・4位 サカタのタネ
平均年収 633万円 ( 下降傾向)
平均年齢 37.5歳
平均勤続年数 14.1年
従業員数 663人

・5位  カネコ種苗
平均年収 555万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 42.2歳
平均勤続年数 13.0年
従業員数 625人

鉱業(業界平均799万円)

鉱業企業の平均年収ランキングです。長期需要に強みがある一方で、需要の変動や鉱物物資価格の変動に弱い鉱業業界…。近年では、世界各国の景気が悪化する中、安定的に資源を確保するために探鉱予算を削るなどコストを抑えてはいますが、依然厳しい状態が続いています。今後、資源外交の強化、政府との連携強化を図り、安定した収益を得ることができる仕組み、体制作りが必要だと見られている鉱業業界。一般的に年収が高いイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。

・1位 国際石油開発帝石
平均年収 922万円 ( 下降傾向)
平均年齢 39.3歳
平均勤続年数 15.5年
従業員数 1209人

・2位 石油資源開発 東京/鉱業1970年設立
平均年収 837万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 40.5歳
平均勤続年数 17.9年
従業員数 904人

・3位 三井松島ホールディングス 福岡/鉱業1913年設立
平均年収 790万円 ( 下降傾向)
平均年齢 42.6歳
平均勤続年数 10.6年
従業員数 43人

・4位 住石ホールディングス 東京/鉱業2008年設立
平均年収 777万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 51.5歳
平均勤続年数 21.1年
従業員数 12人

・5位 住石ホールディングス 東京/鉱業2008年設立
平均年収 777万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 51.5歳
平均勤続年数 21.1年
従業員数 12人

食品業(業界平均615万円)

食料品企業の平均年収ランキングです。生活に密着している食料品業界は、不況に強いとされてきました。しかし、少子高齢化が加速する昨今、食料品を消費する人が減っているため、今後も市場規模が減少することが予測されています。海外への事業展開を活発化させる企業が多くなった今、国内市場において業績拡大の可能性があると注目されているのが「機能性食品」です。増加を続ける高齢者。そんな高齢者向けの商品開発、マーケティングが重要な鍵を握っている食料品業界の企業のランキングをご紹介します。年収が高い順に上場企業が並んでいるので、気になる企業が何位にランクインしているか是非チェックしてみてください。

・1位  アサヒグループホールディングス 東京/食料品1949年設立
平均年収 1250万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 45.7歳
平均勤続年数 17.0年
従業員数 155人

・2位  サントリー食品インターナショナル 東京/食料品2009年設立
平均年収 1033万円 ( 下降傾向)
平均年齢 40.9歳
平均勤続年数 15.7年
従業員数 522人

・3位  明治ホールディングス 東京/食料品2009年設立
平均年収 997万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 43.1歳
平均勤続年数 20.1年
従業員数 34人

・4位 味の素 東京/食料品1925年設立
平均年収 982万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 43.6歳
平均勤続年数 19.9年
従業員数 3494人

・5位  不二製油グループ本社 大阪/食料品1950年設立
平均年収 909万円 ( 下降傾向)
平均年齢 44.3歳
平均勤続年数 16.0年
従業員数 135人

繊維製品(550万円)

繊維製品企業の平均年収ランキングです。1991年当時と比べると、約1/4までに減少している繊維事業所数と製造品出荷額。アパレル市場規模も減少しています。しかし、その一方で世界的には繊維業界は成長産業とされており、国内競争で生き残った素材メーカーについては、糸・テキスタイルを海外に多く輸出しています。特にテキスタイルについては、海外の展示会などでも賞を受賞するなど高い評価を受けています。繊維製品の上場企業では、現在どの程度の年収を手にすることができるのでしょうか。

・1位 オンワードホールディングス 東京/繊維製品1947年設立
平均年収 983万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 47.9歳
平均勤続年数 22.7年
従業員数 51人

・2位  帝人 大阪/繊維製品1918年設立
平均年収 768万円 ( 下降傾向)
平均年齢 43.1歳
平均勤続年数 19.4年
従業員数 2639人

・3位  東レ 東京/繊維製品1926年設立
平均年収 720万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 38.1歳
平均勤続年数 15.0年
従業員数 7585人

・4位  帝国繊維 東京/繊維製品1950年設立
平均年収 688万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 40.6歳
平均勤続年数 13.0年
従業員数 150人

・5位 キング 東京/繊維製品1948年設立
平均年収 651万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 42.2歳
平均勤続年数 18.3年
従業員数 118人

化学業界(656万円)

化学企業の平均年収ランキングです。北米のシェール、中国の石炭化学などのプラント生産能力が増加したことにより、国内に安価な基礎化学品が流入。化学業界では、国内需要の縮小と企業間競争の激化によって、事業の変革が求められるようになってきました。今回、化学企業のランキングを作成しました。

・1位  三菱ケミカルホールディングス 東京/化学2005年設立
平均年収 1738万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 47.4歳
平均勤続年数 19.1年
従業員数 149人

・2位  ウルトラファブリックス・ホールディングス 東京/化学1966年設立
平均年収 1202万円 ( 下降傾向)
平均年齢 51.6歳
平均勤続年数 1.8年
従業員数 4人

・3位 富士フイルムホールディングス 東京/化学1934年設立
平均年収 997万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 42.7歳
平均勤続年数 17.8年
従業員数 233人

・4位  積水化学工業 大阪/化学1947年設立
平均年収 912万円 ( 下降傾向)
平均年齢 42.7歳
平均勤続年数 15.4年
従業員数 2617人

・5位 住友化学 東京/化学1925年設立
平均年収  904万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 40.7歳
平均勤続年数 14.9年
従業員数 6096人

医薬品業界(業界平均771万円)

医薬品企業の平均年収ランキングです。多大な費用とリスクが伴う新薬の創出。研究開発費がますます高騰していく中、それに見合うだけの新薬は創出されず…。医薬品業界では、研究開発生産性が低下しています。現在、各製薬会社では、研究開発費を回収するため、価格の値上げや患者数の確保など、製品価値の増大化が課題となっています。今、まさに過渡期にある医薬品業界。

・1位  ソレイジア・ファーマ 東京/医薬品2007年設立
平均年収 1560万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 49.4歳
平均勤続年数 4.3年
従業員数 17人

・2位  サンバイオ 東京/医薬品2013年設立
平均年収 1351万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 42.5歳
平均勤続年数 1.7年
従業員数 12人

・3位 アンジェス 大阪/医薬品1999年設立
平均年収 1275万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 52.1歳
平均勤続年数 7.2年
従業員数 33人

・4位 そーせいグループ 東京/医薬品1990年設立
平均年収 1189万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 46.7歳
平均勤続年数 2.9年
従業員数 19人

・5位  エーザイ 東京/医薬品1941年設立
平均年収 1099万円 ( 上昇傾向)
平均年齢 45.2歳
平均勤続年数 20.6年
従業員数 3140人

石油・石炭製品業界(777万円)

1 2 3