1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

そろそろ「エアコン」を使い始める時期ですね。

エアコンは、あつい時さむい時、1年を通して使える便利な家電。
普段から掃除をしているつもりでも、知らず知らずのうちに汚れがたまってしまうものです。

エアコン掃除外注しようかな… 効きが悪いのよなあ

使い始めに「嫌な匂い」がしませんか?

エアコンを作動させた時に感じるムワッとした嫌な臭い。臭いの発生源がカビや生活臭である以上、そのまま放置しておくと、臭いはどんどんきつくなるばかり。

エアコンがにおうのは掃除が必要なサイン。
長年放置していたエアコンもお掃除をしてあげる必要があります。

エアコンが匂う原因は?

エアコンの吹き出し口から、ちょこっと中を見てみてください。
黒い斑点状のカビがあったり、ホコリがたまっていたりしませんか?

◆エアコン内部の結露によるカビ

エアコンの内部には熱交換器があり、作動すると結露によって水滴が付着する。湿気が溜まりやすい上に、ホコリや汚れも付着していくので、カビが繁殖しやすい。

暑くなってきたし梅雨の前にエアコン洗った。 毎回思うけど汚れヤバい… pic.twitter.com/cXNmExSRwc

◆室内の空気の匂いなどで溜まったホコリ

人は生活するときにいろいろなにおいを出している。揚げ物や汗のようなちょっとしたにおいでも、集まってしまうと強烈。

エアコンを使用する前にやっておきたいこと。

◆まずはホコリを取り除く

エアコン掃除の手始めは外側から。まず本体表面のホコリはハタキを使って落とします。とくに空気吸い込み口がある天井部分には、たくさんのホコリが溜まっているので、念入りに払い落としておきましょう。

使い始めるまえにエアコン本体についた汚れを取る。汚れが酷くない場合は、柔らかい布で全体を拭くだけで十分だ。それでも汚れが落ちないなら、しっかり絞った布を使って水拭きをしよう。

◆フィルターを掃除する

全面パネルの中に設置されているフィルターを取り外します。フィルターに大きめのホコリがたくさん付着している場合は、掃除機できれいに吸い取っておきましょう。

夏に向けてエアコンの掃除終了! 前回ダストボックスの掃除を忘れてたのでホコリがたくさん溜まってました( ̄-  ̄ ) pic.twitter.com/x8EdacuUgC

次に取り外したフィルターを中性洗剤で洗います。フィルターを洗う時のコツは、水をかける時には必ず内側から水をかけるようにすることです。フィルターの外側からシャワーをかけると、溜まっているホコリがフィルター内部に目詰まりすることがあります。

最近暑すぎて寝れないので、半年以上使ってなかったエアコンを簡単に掃除して、互換リモコン買ってきたものの動かず、、、 熱中症なるので緊急運転モードで無理やり回してます pic.twitter.com/b8y5esjuVS

水分が残るとカビや故障の原因になるので、フィルターは完全に乾燥したのを確認してから設置しよう。エアコンの機種によってフィルターの交換が必要だったり、掃除の方法が違ったりすることがあるので、説明書を先に確認しておくと安心。

1 2