1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

鬼滅の平野稜二だけじゃない!別作者が描くスピンオフ続編が面白い

マンガ「鬼滅の刃」が最終回。平野稜二氏が描く煉獄さんのスピンオフも発表されました。

更新日: 2020年05月18日

6 お気に入り 23023 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■最終回をむかえた「鬼滅の刃」

人気漫画『鬼滅の刃』(作者:吾峠呼世晴)の第205話が、18日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)24号に掲載。

炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー

・平野稜二氏が描く煉獄さんのスピンオフ掲載も発表された

スピンオフ短編『煉獄外伝』が、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で掲載されることが、18日発売の同誌24号で発表された

執筆するのは過去に同作のスピンオフ『鬼滅の刃 冨岡義勇【外伝】』などを担当した平野稜二氏。

鬼滅が終わってしまった、吾峠先生お疲れ様でした!! 煉獄さんのスピンオフも楽しみだよ!!!生きがいだったから… 私はめっちゃ好きな終わり方だったよ?!

そしてWJ落として読んだ鬼滅終わっちゃったなあ…でもいくらでもスピンオフ出して行ける終わり方だよなあ実際別作者でスピンオフ始まるし

▼意外と多い?別作者が描く人気マンガのの続編やスピンオフ

■「魔人ブウ編」後の物語「ドラゴンボール超」

執筆しているのは、過去に「Vジャンプ」で映画「ドラゴンボールZ 復活の『F』」のコミカライズを担当したとよたろうさん

12巻では、ついに地球に到着してしまったモロ率いる囚人軍団と悟飯たちの闘いが幕を開ける!!

ドラゴンボール超とワンピースのマンガ あきてたのだけど 両方最新刊を読んだらおもしろかった

両親から小包が届いた!子どもたちの希望でドラゴンボール超のマンガ。普通のドラゴンボールと何が違うのか一切知らん… pic.twitter.com/6RydYYuQ0Z

ドラゴンボール超新刊マジで面白かったーヽ(*´∀`*)ノ ドラゴンボール何回見返しても面白いけどやっぱマンガは先がわからないほうがワクワクすっぞー♪ pic.twitter.com/chUwf47HzA

■NARUTO の息子が主人公の「ボルト」

漫画『NARUTO -ナルト-』のその後を描くスピンオフにあたり、主人公はうずまきナルトの息子・うずまきボルトである。

ボルトの方は作者がこのように三人の名前で書かれています。
原作・監修:岸本斉史 漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京

実際のところ、過去のインタビューなどを見る範囲では、岸本斉史先生はほとんど作者としてボルトに関わっていないそうです。

最近少年マンガ原作のアニメを漁りまくってるんだけど、大体全部面白いなか、私は原点回帰するようにBORUTOのミツキに射抜かれました。 NARUTOより先に追いついてしまったので、これから大蛇丸の悪行見るのつらみ

■本編70年前の物語「進撃の巨人 Before the fall」

1 2