1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Lifedoorさん

今アメリカの飲食業界がヤバイ...

米ブルームバーグ通信によると、飲食店予約サイト運営の米オープンテーブルが、こんな悲観的な見通しを示した。

アメリカのレストランの現状

レストランについては厳しい制限がかけられており、店内での飲食は禁止されています。

営業こそ許されているものの、実質的なサービスが提供できないため、シェフとサーバーの大半は仕事が激減しています。

オーナーは通常サービスに合わせて人を雇用しているため、多くの従業員が必要でなくなってしまいました。当然、アルバイトから解雇されるようになり、一部のシェフとサーバーだけを残して営業する事態になっています。

当該国では「経済」を優先する所も

例えばブラジルでは累計感染者が8万5千人、死者数が5,900人を超えました。一応外出自粛例は出ていますが、多くの店や人がそれを守っていません。

しかし・・・

廃業の波はアメリカだけではない...

観光業界やエンターテインメント業界、航空業界など、あらゆる産業が影響を受けており、飲食業界が受けたダメージもこれまでにないほど甚大である。

SNS上でも様々な声が。。

コロナ以降の赤字、1000万円突破しました!!!うおおおお!!!いや、雇用調整助成金とか、いろんな助成金合わせたら、600万円くらいもらえる予定なので、大丈夫っちゃ大丈夫なんだけど。もらえなかったら、どうなると思う?(にっこり)

コロナで破産した企業は本当にかわいそうで、特に飲食とかは抗うことのできない巨大な自粛波に飲み込まれたと思う。 一方でコロナ破産と言われている中にはすでにずっと赤字で令和の時代に沿ったサービスが提供できずコロナもあり破産。 この二つは大きく違うので、別々の視点から支援していきたい

飲食店の売上について 緊急事態宣言が明けて 売上が上がってきたようだが 別に赤字は間逃れない数字でしかない 不謹慎かもしれないが ここからが本当に怖いアフターコロナ 本来の姿である需要と供給のバランスになるから 不必要な店は淘汰されていく。 #これが本当のアフターコロナ

コロナが本格的に猛威を振るい始めたけどここだけの話ウチは 4月=40万円赤字確定(開業3ヶ月目) 5月=50万円赤字の見込み(開業4ヶ月目) ※5月は6日まで休業してた やけん満額で補助金もらえたとしても せいぜい3ヶ月生きながらえるのが やっとって言う飲食店さんたちの話 すごくわかるんですよね。

ロイヤルホスト系列が70店閉鎖です。純損益は155億円の赤字に転落。緊急事態宣言が大きく影響。ロイホのほか「てんや」などの不採算店閉鎖。 消費税増税とコロナ肺炎で大手ですらこれ。それでなくても焼け野原化するので、大胆な減税、補助金などないと飲食に限らず死に絶えても不思議ではないです。

あの人気店も軒並み閉店なっている

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外食大手が一部店舗を閉店。

ロイヤルホールディングスは、2021年12月までに「ロイヤルホスト」や「天丼てんや」など、70店舗程度を閉店する。

運営する国内店舗のおよそ1割にあたり、今後、収益が見込めないと判断したためだとしている。

1 2