1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー
63 お気に入り 11927 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼ひとり時間にゆっくり読みたい本たち…まとめました!

・「スロウハイツの神様」

辻村深月『スロウハイツの神様』 誰かの創り出したものに救われるときがある。私にとっては”本(小説)”がそう。誰かの手によって生み出されたものだからこそこころに響く。どうしようもなく好きなもの、好きなひとがいるからこそ生きていける。”繋がり”の大切さを改めて感じた。 #読了 pic.twitter.com/fCugW9X3Xo

アパート・スロウハイツを舞台に、オーナーである脚本家の赤羽環や小説家のチヨダ・コーキ、そして友人たちとの共同生活が描かれる

5月4日 『スロウハイツの神様』辻村深月 同じ家で暮らすクリエーターの卵たちの話。 読み終えて最初に思ったのは、何でもっと早く読まなかったんだろう!と。辻村さんの作品は読了後落ち込むことが多かったのだけど、この作品はまったくそんなことなかった。 「お久しぶりです」の意味に涙。 pic.twitter.com/Nn3L32ljS5

『スロウハイツの神様』読了。 これは、久しぶりに読む手がなかなか止められない小説だった……

スロウハイツの神様 / 辻村深月 読み進めていくうちにもしかしてこれって!、ああそういうことだったんだ、とすごく心が揺さぶられました。それは気づいたら泣いているくらいに。主人公の言動が私にはすごく刺さりました。 #読了 #読書好きな人と繋がりたい pic.twitter.com/9DJzTJsCdv

「スロウハイツの神様」 スロウハイツで共同生活を送るクリエイターたちの物語。緩やかに話が進む上巻に対し、下巻では散りばめられていた伏線が見事に回収されていく。どんでん返しの連続だった。暖かい気持ちになれる。 #読了 #読書好きな人と繋がりたい pic.twitter.com/B14HyBHfF2

『スロウハイツの神様』 辻村深月 人気作家のチヨダ・コーキはある事件がきっかけで漫画を書く事が出来なくなった。そんな彼を128通の手紙で救ったのは一人の少女だった… チヨダ・コーキと少女の奇跡のような繋がりと想いにとても感動する!! 伏線回収も見事で皆が絶賛する理由がわかった。 #読了 pic.twitter.com/kWFszNqbtO

・「カラフル」

読み終わった〜! カラフル、今まででトップクラスに好きかもしれない、、、 pic.twitter.com/oNyfySunNI

自分がみてる色が全てではないし、いいことも悪いこともずっと続くわけじゃない。また人は人に支えられて生きていることを改めて痛感し、身近な人達に感謝しないとなぁと思った。将来自分の子供にオススメしたい。 #読了 #カラフル pic.twitter.com/E45nX1JRen

森絵都著「カラフル」読了。スッキリとした気持ち。今日の天気のもと、外を眺めたらびっくりするぐらい世の中がくっきり見えたような気がしました。一気に読めるし「良い本読んだなぁ」って感想。

森絵都先生のカラフル、初めて読んだ時ボロボロに泣いて読めなくなって翌日続き読んでまた泣いて更に翌日続き読んだので3日かかった とても素敵な本です……図書館で借りて読んで、自分でも買った

☆読了 「カラフル Colorful」森 絵都著 いいことがいつまでも続かないみたいに、悪いことだってそうそう続かない。正直な気持ちがいっぱい詰まってて、家族と過ごす時間の多い今、読めて良かったよ。 pic.twitter.com/SJTF5DnPC5

・「ライオンハート」

『ライオンハート』恩田陸 好きな作家さんなので購入。 時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会うそんな恋愛小説。 一瞬の邂逅のために、男女は相手を想うが悲しい別れがすぐに訪れる。魂に刻まれたように運命づけられた2人。章の最初にある絵画が物語を彩ってくれた。 #読了 pic.twitter.com/TM1cnaQIbr

恩田陸著「ライオンハート」#読了 いくつもの時代、さまざまな場所で何度も巡り会い、別れていく男女を描く 不思議なラブストーリー。1章1章が短編ともいえるし、時系列通りに進まず未来から過去へ行ったりするので混乱するが、通して見ると大きなひとつの物語になっていたりもする。各章の扉絵が素敵 pic.twitter.com/NAuhf3zZV0

恩田陸さんのライオン・ハートは何度も読み返してるのだけど、きっと長閑の庭もそんな読み物になるんだろうなぁと。読み終わったあとに悲しい部分もあるけど穏やかな気持ちになる。感動は熱いうちにアウトプット!!!!!

ライオンハート/恩田陸 #読了 読み終わった途端、鳥肌が止まらない。 とにかく2人が、どの時でも美しかった。 どこまでも切ないのに、最後の記憶というお話で報われたというか、心が暖まりました。 恩田さんは読む本どれも印象が違って、本当に面白いです。 #本好きな人と繋がりたい pic.twitter.com/zLUFSMphKg

・「花の鎖」

湊かなえ「花の鎖」#読了 三人の女性と花が繋ぐ切ないけど最後はぐっと来る一冊だった、特に印象に残ったもの、それは「雪月花」の文字、この時点まで読んでて三人時間軸や間柄に何かおかしいと思いつつ気づいていなかった、、 やっぱり湊さんの本は面白い。 今日からは再読 pic.twitter.com/xF8UxHjejl

1 2