1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「WHO総会に台湾が外される」このニュースに世界が大揺れ…

WHO総会に台湾が参加できないという事態について世界が大きく揺れています。

更新日: 2020年05月19日

10 お気に入り 35371 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■中国が台湾のWHO総会参加に注文を付けた

台湾の世界保健機関(WHO)加盟で中国が条件として突き付けている「一つの中国」の原則への同意

蔡政権が「一つの中国」原則を認めないことによって、台湾の総会参加の「政治的基礎がなくなった」との認識をあらためて示した

WHO非加盟国の台湾は、来週開催されるWHO年次総会にオブザーバーとして参加できるようロビー活動を行っている

■台湾はWHO総会に参加できないことで大きな被害を…

「SARS(重症急性呼吸器症候群)」や今回の新型コロナ危機で防疫対策に否定的影響を及ぼしたと反論

二〇〇三年の重症急性呼吸器症候群(SARS)ではWHOから関連情報を入手できずに対策が遅れ、多数の死者を出した

情報をいち早く入手することができず、73人が死亡した事例を紹介するとともに「疾病に国境はない」と強調し、政治が人権をしのいではならないと訴えた

■そして昨日(18日)「参加できる見込みがなくなった」というニュースが入ってきた

WHO側から総会への招待状は届いておらず、参加できる可能性はほぼなくなったという見方を示した

世界保健機関(WHO)総会について、外交部(外務省)の呉釗燮部長(外相)は18日午後2時すぎ、台湾に招待状が届かなかったと発表

テドロス・アダノム事務局長は台湾の総会参加について「判断する権限はない」と回答を避け、法務責任者のスティーブン・ソロモン氏が「総会に参加する国は参加国のみが決定できる」と述べた

■中国側の拒絶が通されたという感じ

台湾をオブザーバーとして参加させるかどうかを巡って、開始前から中台の、というより米中の激しい「場外戦」が繰り広げられたが、結局、中国側が拒絶を貫いた

テドロス事務局長は台湾を総会に参加させるあらゆる法的な権限があり、前例もあるのに、そうせず、中国政府の圧力を受けて台湾を招かないことを選択

「WHOの事務局は中国政府の圧力に屈し、2300万人の台湾の人々の健康に関する権利を無視し続けた。中国がWHOをコントロールし、干渉する力は非常に強い」

台湾ショウ燮外交部長のコメントです。

■あまりにもマイナス面が大きい

台湾の取り組みを分かち合えないことはWHOにとって損失であり、ほかの国の経験を吸収できないことはわれわれにとっても不利

台湾、陳時中衛生福利部長のコメントです。

台湾は対中関係が良好だった2009~16年にWHOの総会にオブザーバーとして参加していたが、中国が台湾独立派とみなす蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が就任してからは参加が認められていない

WHOは公平性を欠いています。

■この問題は日本でも話題に

@nhk_nw9 @nhk_news 世界的な協力が必要ならなんで台湾仲間はずれにしてるの? なんで?教えて欲しい。 @WHO

厚生省がWHOに台湾への対応を批判したらしい 本当にWHOは再編すべき 国際機関が忖度するのはおかしい

1 2