1. まとめトップ

【NCAA】ルイジアナ州立大学 タイガース @LSUBasketball 出身 #NBA 選手

NCAAトーナメント優勝はゼロだが、これまで3名の殿堂入りを送り出しているルイジアナ州立大学 タイガース!

更新日: 2020年06月24日

1 お気に入り 505 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakatanotoraさん

ルイジア州立大学(Lousiana State University,LSU、タイガース)の所在地。ケンタッキー大学、フロリダ大学などと同じ、名門揃いのSEC(サウスイースタンカンファレンス)所属する"隠れた"実力校。

シャキール・オニールの母校として知られ、ファイナル4進出が最高で、NCAAトーナメント(以下トーナメント)の優勝はゼロ。NBA選手の輩出も45名とそこまで多くはないが、そのうち3人が殿堂入りを果たしている。

3人が殿堂入りを果たしている隠れた実力校

フットボールと野球では、計9度の全米制覇を成し遂げているルイジアナ州大(以下LSU)。しかしバスケットボールにおいてはファイナル4進出が最高で、NCAAトーナメント(以下トーナメント)の優勝はゼロ。NBA選手の輩出も45名とそこまで多くはないが、そのうち3人が殿堂入りを果たしている隠れた実力校だ。

以下、有名出身選手…

ボブ・ペティット(1951–1954、セントルイス・ホークス 他)

名  前:ロバート・E・リー・ペティット・ジュニア
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1932年12月12日
ポ ジ ション:F
在学期間:1951–1954
ドラフト:1954年 2位
経  歴:ミルウォーキー・ホークス
     セントルイス・ホークス

「SECの歴史上偉大な選手」

ペティットが大学を卒業した1954年には早くも彼の背番号『50』がLSUの永久欠番となるが、これは同大学スポーツ史上初のことであった。1974年には「SECの歴史上偉大な選手」に選ばれ、LSU殿堂入りも果たしている。バトンルージュ市内を通る"ボブ・ペティット大通り"は彼に因んでいる。

ボブ・ペティットの奮闘で準決勝まで進出

トーナメント初出場となった53年は、ボブ・ペティットの奮闘で準決勝まで進出。LSUの所在地であるバトンルージュ生まれのペティットは、在学3年間で平均27.4点、14.6リバウンドと驚異的な成績を残し、54年のドラフト2位指名でホークスに入団する。

ピート・マラビッチ(1967–1970、ニューオーリンズ・ジャズ 他)

名  前:ピーター・プレス・マラビッチ
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1947年6月22日
没年月日:1988年1月5日(40歳没)
ポ ジ ション:PG / SG
在学期間:1967–1970
ドラフト:1970年 3位
経  歴:アトランタ・ホークス
     ニューオーリンズ・ジャズ
     ボストン・セルティックス

〝ピストル・ピート〞と呼ばれた天才スコアラー

66年にはプレス・マラビッチが新指揮官に就任。同じ年に入学したのが、プレスの息子ピート・マラビッチだった。〝ピストル・ピート〞と呼ばれた天才スコアラーは、その異名通りコート上のあらゆるエリアからシュートを沈め、3年間で通算3667点、平均44.2点と圧巻の数字を残す。

父はルイジアナ州立大学でバスケットボールの監督を務めることになり、息子のピート・マラビッチも同大学に入学

1966年、父はルイジアナ州立大学でバスケットボールの監督を務めることになり、息子のピート・マラビッチも同大学に入学した。当時の規則では1年生が公式戦に出場することは認められていなかったので、マラビッチは1年生のみのチームでプレーした。17試合の出場で、マラビッチは平均43.6得点、7.3アシスト、10.4リバウンドという記録を残した。

公式戦で残した通算3,667得点は現在でもNCAA記録である

2年生に上がったマラビッチは父が指揮するチームで公式戦に出場するようになり、平均得点43.8、平均アシスト4、平均リバウンド7.5という成績をあげた。3年生、4年生時の平均得点は44点を超え、4年間の平均得点は44.2である。4年生の時にはジェームズ・ネイスミス賞を受賞した。

公式戦で残した通算3,667得点は現在でもNCAA記録である。

NCAA時代には今も破られない、いくつかの得点記録を残した

創造的なドリブルやパス、得点の技術において際立った存在だった。NCAA時代には今も破られない、いくつかの得点記録を残した。「ピストル」の愛称を持ち、「ピストル・ピート」と呼ばれた。

Pete Maravich set the top three season scoring averages in NCAA D1 history on his way to becoming the NCAA Scoring King. How many points would The Pistol have averaged if he had a three-point line? lsul.su/2uGw05k pic.twitter.com/zidADIGoOM

4年間の平均得点 (44.2)、フィールドゴール成功数 (1,387) と試投数 (3,166)、1シーズンの総得点(1970年の1,381)など

公式戦で残した通算3,667得点は現在でもNCAA記録である。他にも、4年間の平均得点 (44.2)、フィールドゴール成功数 (1,387) と試投数 (3,166)、1シーズンの総得点(1970年の1,381)などの他、フリースローに関する記録も持っている。

マラビッチはカレッジ史上最高のショーマンでもあった

また、マラビッチはカレッジ史上最高のショーマンでもあった。魔術師と称されたほどの鮮やかなドリブルとパスで、アリーナに詰めかけたファンを次々と魅了。NBAでもその唯一無二のプレースタイルで暴れ回り、ニューオリンズ・ジャズ(現ユタ・ジャズ)時代の77年には得点王に輝いた。

マクムード・アブドゥル=ラウーフ(1989-1990、京都ハンナリーズ 他)

名  前:マクムード・アブドゥル=ラウーフ
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1969年3月9日
ポ ジ ション:PG / SG
在学期間:1989-1990
ドラフト:1990年 3位
経  歴:デンバー・ナゲッツ
     サクラメント・キングス
     フェネルバフチェ・ユルケル
     バンクーバー・グリズリーズ
     PBCウラル・グレート
     サディマ・ロサート
     アリス・テッサロニキ
     アル・イテハド
     京都ハンナリーズ

在学中はクリス・ジャクソンの名でプレーしていた

bjリーグ時代の京都ハンナリーズにも在籍経験のあるモックムード・アブドゥル・ラウーフは、在学中はクリス・ジャクソンの名でプレーしていた。2年間で平均29.0点をあげ、90年のドラフト3位でナゲッツに入団。翌年から現在の名に改名すると、93年にはMIPを受賞、94、96年はフリースロー成功率で1位に輝いた。

2年間で平均29.0点

2年間で平均29.0点をあげ、90年のドラフト3位でナゲッツに入団。翌年から現在の名に改名すると、93年にはMIPを受賞、94、96年はフリースロー成功率で1位に輝いた。

1 2 3 4 5