1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

死に至ってしまうかも?トランプ大統領が服用する予防薬の正体

トランプ大統領が新型コロナの予防として薬を服用しているようです。その正体とは?

更新日: 2020年05月20日

8 お気に入り 19912 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■連日、世間を騒がせているトランプ大統領

アメリカのドナルド・トランプ大統領は18日夜、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長に書簡を送り、資金を恒久的に引き上げると通告

アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスをめぐるトランプ政権の対応を批判したオバマ前大統領について「全くの無能な大統領だった」と切り捨て

新型コロナウイルスをめぐり米中の対立が激化するなか、トランプ大統領は14日、「中国との関係を遮断することもできる」と断交をにおわせ、強くけん制

■そんな大統領が更に世間を驚かせた

トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルスの治療薬候補として挙げられている抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を服用中だと明らかにした

ホワイトハウスで記者団を前にしたトランプ氏は、最近になってヒドロキシクロロキンを服用し始めたといきなり話し始めた

抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を服用していることについて、個人の自由だと主張した

■先に進む前に「ヒドロキシクロロキン」とは?

ヒドロキシクロロキン(HCQ)は長い間マラリア治療薬として用いられてきた

ヒドロキシクロロキンは全身性エリテマトーデスや他の膠原病の皮膚症状、関節症状をはじめとしてさまざまな病態の治療に用いられます

詳しい作用機序は分かっていませんが、抗炎症作用や免疫調節作用により、炎症症状を改善するものと考えられています

■薬なので当然「副作用」もある

ヒドロキシクロロキンは通常非常に副作用の少ない薬で、重大な副作用は少ないです。最も良く認められる副作用は吐き気と下痢

目の網膜に病気がある人、または既往歴のある人は使用できません。この薬の影響で網膜症状が悪化するおそれがあるためです。薬の血中濃度が上昇しやすい肝臓病や腎臓病のある人も慎重に用いる必要があります

クロロキンと同程度の強い心臓毒性があり、致死量は成人で 4g程度である。6歳未満の幼児では 200mg錠1錠でも死に至る可能性がある

■このように副作用もあるのでトランプ大統領にも色々な声が

医療の専門家が副作用のリスクなどから安易な使用を控えるよう呼びかけてきた経緯があり、波紋が広がっています

米食品医薬品局(FDA)は4月下旬、深刻な心拍リズムの乱れが引き起こされる恐れがあるなどとして、同薬の使用について警告を発した

深刻な副作用が出る可能性を指摘されると、トランプ氏は「今のところ僕は大丈夫そうだ。そうとしか言いようがない」と答え

■「死に至る」という警告も

トランプ氏に近い保守系FOXニュースの司会者も、安易な服用は「死に至る」と視聴者に警告を発した

野党民主党のペロシ下院議長は、テレビのインタビューで「彼は私たちの大統領だ。未承認の薬を服用すべきでないし、年齢や病的な肥満体を考えればなおさらだ」と述べ、自重を求めた

トランプ氏はヒドロキシクロロキンのほかに、亜鉛サプリを毎日服用していることや、抗生物質アジスロマイシンを一度飲んだことも明らかにした

1 2