1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

小学0年生が爆誕…9月入学制の移行プランにざわつく

文部科学省が9月入学制で二つの案を示した。その中で「小学ゼロ年生」が誕生することが分かった。

更新日: 2020年05月20日

5 お気に入り 24050 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

9月入学で文部省が二つの案を示した

政府が検討中の「9月入学」に関して、文部科学省は19日、来秋から導入した場合の新小学1年生の対象範囲の区切り方について、二つの案を政府が開いた会議に例示した。

一つ目は一斉実施案

来年9月の時点で満6歳になる1年5か月の間に生まれた子どもが一斉に入学する案。

来年度に限り、4月2日から翌年の4月1日に生まれた子どもに加え、翌年の9月1日生まれまでの子どもを繰り上げる形で一斉に入学させます。

一斉実施案での新入生の対象。

9月入学一斉実施案→1.4倍になる だと、双子以外で兄弟が同じ学年って事があり得るね、該当する家庭は突然大パニックだよね #あさチャン

二つ目は段階的実施案

2つ目は入学する児童を1カ月ずつずらして5年間かけて移行する「段階的実施」案です。

段階的実施案は、2021年9月入学を2014年4月2日~2015年5月1日生まれ、2022年9月入学を2015年5月2日~2016年6月1日生まれとするなど、2025年まで5年をかけて移行する。

9月入学生(一斉実施案)で新入生が1.4倍になる!

『2021年4月1日時点で満6歳』の子供たちに加えて、2021年4月2日~9月1日までの5か月間に6歳になった子供も追加で入学する。

2021年度に限っては、次の年の4月から8月生まれの子どもが繰り上がる形で入学するため、17カ月分、1.4倍の数の子どもが集まることになる。

2021年9月の入学とし、2014年4月2日から2015年9月1日までの17カ月間に生まれた児童が新小学1年生となる前提で推計した。この学年は現行制度よりも約42万人増える。

9月入学移行案の中に『小学0年生』がある!

ゼロ年生生の対象
・2014年4月2日から2015年4月1日生まれの現在の年長クラス
・2015年4月2日から6月1日生まれの現在の年中クラスのうち2カ月分の子ども

この子どもたちは、2021年3月に幼稚園などを卒園したあと、4月から8月にかけて、新たな学年となる「ゼロ年生」として学校生活を送り、9月から1年生になるという。

『小学0年生の新案判明』 2021年4月からを小学0年生(仮)。 9月に小学1年生として入学、小学校は6.5年にする案。 対象は 現年長(2014.4/2生~翌4/2生) 現年中(2015.4/2生~6/1生) 年中クラスの子… 年長さんならではのものとかもあったりもするよね? 年長として過ごす1年がなくなる。 #9月新学期制

Twitterでは小学0年生にざわつく

小学ゼロ年生カッコいいな…ロストナンバーとかオタクの好きなやつじゃん…

1 2

関連まとめ